「きつく見られる」コンプレックスを打破するメイクとヘアのアプローチとは?

誰にでもある顔のコンプレックス。あのキレイな人たちにも実は悩みがありました。美に精通した彼女たちが編み出したテクは?今回は「接客業なのに、きつく見られてしまう」のが悩みだというBell by LAVスタイリスト・野口由香さんが登場。ヘアアレンジとメイク、ふたつのアプローチでコンプレックスを打破する方法を教えていただきました。

taw2016112903

©GISELe2017年1月号

Bell by at LAV スタイリスト野口由香さん 
@yukanogu
サロンワークはもちろん、雑誌のヘアメイク企画でもひっぱりだこ。11/29にヘアアレンジを担当した『可愛いコはしている魔法のヘアアレンジ』が出版。月に1回はキャンプに行き、自然に癒やされているそう。

 

「きつく見られる」のが困るから縦幅倍増EYE×ソフトアレンジ

「接客業なのにきつく見られてしまうのが悩み。と言っても甘すぎるのは似合わないので、やさしく見えるようなヘアやメイクを心がけています。肌のくすみも気になりはじめたのでコスメは肌なじみがいい色を厳選」

アイメイク:きつい印象の奥二重の縦幅を広げます

taw2016112909

©GISELe2017年1月号

①アイホールにAの右を広げる。

②二重幅の目尻にBを“く”の字に入れる。

③下まぶたにライン状にCを引く。

Eのボルドーライナーで下まぶたにインサイドライン。

⑤上の目尻だけにDのブラウンリキッドでラインを引く。

POINT:二重部分のアイカラーは”く”の字に入れる

taw2016112902

©GISELe2017年1月号

「塗ってない部分があることで二重幅を強調し、目ヂカラを強めつつ二重を広く見せます」

taw2016112901

©GISELe2017年1月号

A.NARSのデュオアイシャドー 3902B.アディクションのザ アイシャドウのピンクブラウン。C.シャネルのイリュージョンドンブルのベージュピンク。D.ラブ・ライナーのリキッドアイライナーのブラウン。E.シャネルのスティロユー ウォータープルーフ 928

 

ヘアアレンジ:2段階まとめですっきりくずれにくく

taw2016112904

©GISELe2017年1月号

taw2016112905

©GISELe2017年1月号

「2段階に分けて結ばないと両サイドがもわもわして頭が大きく見えるし、くずれやすいんです。直毛なんですが、事前にドライワックスをもみこんでおくとふんわり仕上がります。顔周りの毛を多めに残すのもポイント」

 

 

「こう見せたい」というビジョンを明確に持つことでおのずと見えてくるヘア&メイク。野口さんのコンプレックスを打破する自己流テクニック、取り入れてみてください。

( )

PAGE TOP