「のっぺり→メリハリ骨格」田中亜希子さんのコンプレックスを打破するメイク術とは?

誰にでもある顔のコンプレックス。あのキレイな人たちにも実は悩みがありました。美に精通した彼女たちが編み出したテクは?今回は「のっぺりした童顔だし、小柄なので幼く見られがち」という田中亜希子さんが登場。ヘアアレンジとメイク、ふたつのアプローチでコンプレックスを打破する方法を教えていただきました。

主婦 田中亜希子さん

©GISELe2017年1月号

@akico

2月に2冊目のヘアアレンジ本を出版予定。ヘアアレンジと10着の服でおしゃれを楽しむテクが満載だとか。そして、アパレルブランドSTUDIOSと小柄な人のためのコラボ服を製作中。1月にWEB限定で発売予定。

「のっぺり顔」が嫌だからメリハリ骨格×ボリュームダウンアレンジ

©GISELe2017年1月号

©GISELe2017年1月号

「のっぺりした童顔だし、小柄なので幼く見られがち。でもひとつ間違うと老けて見えることもあるんです。なので、シワっぽく見えないようツヤ感のあるメリハリ顔を目指しています。ヘアはボリュームがありすぎるので頭が小さく見えるようにアレンジ」

1.下のほうでひとつ結び

©GISELe2017年1月号

2.毛束を半分くらいとり結び目に巻きつける

©GISELe2017年1月号

3.後れ毛にワックスをつけウェットな質感に

©GISELe2017年1月号

「小柄なのに髪が太く、量も多いので、コンパクトにまとめるのが課題。結び目にまきつける毛束を多くしたり、後れ毛がボサッと見えないようウェットにしたり、小ワザを駆使しています。前髪を目ギリギリのラインでカットして、目ヂカラが高まるようにしています」

メリハリをつけるためのフェイスカラーが必須

©GISELe2017年1月号

①Eのクッションファンデを中心からのばし、ツヤ肌に仕上げる。②写真のようにシェーディング、チーク、ハイライトをブラシで広げる。不自然にならないよう、それぞれを少しずつ重ねてぼかすのがポイント。

最後に目元にもツヤ感をプラス

©GISELe2017年1月号

「アイメイクの仕上げにFのアイグロスをかぶせて、ツヤ肌との調和をとります」

©GISELe2017年1月号

ABCD.イプサのフェイスカラー デザイニングパレット 102PK。「チーク、シェーディング、ハイライトの4色セット」 E.資生堂のシンクロスキン グロー クッションコンパクト 「待望の資生堂初のクッションファンデ」F.THREE ウィスパーグロス フォーアイ 07

 

「こう見せたい」というビジョンを明確に持つことでおのずと見えてくるヘア&メイク。田中さんのコンプレックスを打破する自己流テクニック、取り入れてみてください。

( )

PAGE TOP