Ungridクリエイティブディレクター 高園あずささんのこだわりデニムで3days

AZUSA TAKAZONO

instagram>>azusa_takazono

Ungridのクリエイティブディレクターを務める。157cmと小柄な体型ながら、身長の低さを感じさせない着こなしにラブコールが多数。そんな高園さんが今シーズン注目しているデニムとは? メリハリを意識した着こなし術も必見です!

day1:「ハイウエストデニム」は小柄な人の味方!

高園さんが紹介してくれたのは、「ハイウエストデニム」を使ったコーディネート。腰の位置が高く作られており、脚が長く見えます。全身のバランスが取りやすくなるため重宝しているそう。また、ヒット中のハイウエストボトムは、履くだけで今っぽくオシャレに見えるのでオススメ。

©GISELe

デニム×ボーダーの定番ルックも、ハイウエストデニムならどこかLADYな印象。アウターやキャスケットをブラウンで統一したことでクラシカルな雰囲気に。仕上げにハズし役のスニーカーを投入して。ぺたんこ靴でもグッドバランスをキープできるのは、ハイウエストだからこそ! さりげなく足首を見せて足元に抜けを作るのもポイントです。

day2:ボリュームアウター×ハイウエストデニムで緩急を

©GISELe

赤のトップスが目を引くコーディネート。今旬のサッシュベルトをプラスすれば、ウエストが引き締まってさらにスタイルよく見えます。コレクションから火がついた「わざと肩を落として着るのアウター」術を高園さんも実践。

day3:+黒アイテムでさらにスタイルよく

©GISELe2017年4月号

トップスとデニムはぴったりめで、オーバーサイズのアウターでメリハリをつけた着方にハマっているという高園さん。ブルゾンのボリュームは、黒でまとめたインナーと小物で引き締めて。トップスはきっちりデニムにINが鉄則です。

着用したデニムはUngridのもの。絶妙なあせ感のブルーがお気に入りだとか。

 

いかがでしたか。スタイルUPと今っぽさをかなたいなら、マークすべきはハイウエストボトム! 女性らしさを強調するラインが、カジュアルなイメージのデニムの可能性を広げます。

ぜひ高園さんの着こなしを参考にワードローブにとり入れてみてくださいね。

 

 

 

高園あずささんのオシャレ計画「冬のデニムと春のデニム」

 

( )

PAGE TOP