《黒、ベージュ、ブルー》デザイナー伊地知朋子さんの「ワントーンコーデ」3例

色のトーン合わせで素材やレイヤードだけで変化をつけるスタイリングが楽しいという伊地知朋子さんに「ワントーンコーデ」を紹介してもらいました。ウエストや丈のサイズ感など着心地重視で選んだアイテムだからこそブランドが違っても上手くマッチしているのが実証されています。マンネリも打破できるので挑戦してみてください!

伊地知朋子  Instagram>>>tomoko_urbanbobby
ファッション性はもちろん、機能性や丈夫さにもこだわったレザー小物を展開する「URBAN BOBBY」のデザイナー。シンプル&上品カジュアルな私服が参考になる!と話題のインスタグラムも要チェック。

 

クローゼットのベースカラー「黒」で仕上げる

Tops : vintage

Denim : A.P.C.

Hair band : 雑貨屋で購入

Bag : URBAN BOBBY

Sandals : ZARA

 

「カッコよくキマりすぎるブラックコーデも、オフショルダーとデザインパンプスでレディな印象に引き寄せます。ゆるピタなシルエットが細見え効果をグッと高めてくれます」

 

私的トレンドNO.1はベージュのワントーン

Jacket : DRESSTERIOR

T-shirt : ZARA

Pants : MEER.

Sunglasses : illesteva

Bangle : Tiffany & Co.

Bag : URBAN BOBBY

Sandals : DIANA

 

「ベージュ軸にすると大人のカジュアルスタイルが簡単に完成。ダウンヘアでハンサムウーマンみたいにキリッとした表現に。足元はサンダルにして抜け感を出しました」

 

ブルーになじむ小物合わせがポイント

Knit : MEER.

Tank top : ZARA

Pants : ZARA

Glasses : vintage

Bag : URBAN BOBBY

Pumps : SACCO Balletti

「ホワイトのタンクトップをレイヤードすることで、メリハリが出にくいワントーンコーデも立体的に見せてくれます。小物はベージュをチョイスして品のよさをキープ」

 

こなれた印象に映るワントーンコーデはいかがでしたか?すぐにマネしたくなるほどセンス溢れるものばかり。ワードローブを見渡して色んな組み合わせを楽しんで。

 

( )

PAGE TOP