人気スタイリスト小山田さんに学ぶ「着まわし上手なワイドパンツ」3LOOK

スタイリスト 小山田早織さん

テレビや雑誌で引っ張りだこの人気スタイリスト。自身がディレクターを務めるアパレルブランド「TOKYO STYLIST THE ONE EDITION」がスタートし、ますます目が離せない存在に。同ブランドでは「ありのままの自分」をテーマに、生地感やシルエットにとことんこだわったアイテムを展開しているそう。

instagram→https://www.instagram.com/saorioyamada/

 

「シンプルで着まわしが効くデザインかどうか最も重視してチェックします。トレンドに左右されない無地のワイドパンツは、どんな丈のトップスともマッチするので気づけば手にとってしまいます」

今回は、着まわし力抜群の無地のワイドパンツを使ったコーデを披露してもらいました!

やさしい配色でテイストMIX

©GISELe2017年5月号

camisole:ELIN

t-shirt:Brandy Melville

pants:Deuxieme Classe

cap:vintage

bag:LOUIS VUITTON

sandals:BABYLONE

ほどよい光沢が自慢のキャミソールとワイドパンツのトーンを合わせました。ブラウンでつくるグラデーションも好きです。大人っぽいワントーンコーデは、キャップなどのメンズライクな小物でハズすのが私流。

さし色にしたカーキがモノトーンに映える

©GISELe2017年5月号

tops:Deuxieme Classe

pants:EDITION

sunglasses:TOM FORD

bag:vintage

sneakers:NIKE

このパンツは動いたときのラインがキレイで重宝しています。大好きなモノトーンコーデにカーキのさし色を投入。コンパクトサイズのバッグを肩がけしてハンサムルックに女らしさを足しました。

シーズンレスで使える軽やかなベロア

©GISELe2017年5月号

tops:韓国で購入

pants:UNITED TOKYO

bag:CÉLINE

sandals:JEFFREY CAMPBELL

黒だと重たくなりがちなベロア素材も、ネイビーを選べばはきやすい。ワイドパンツとカラーをリンクさせたショート丈の配色トップスは、肌が少し透けるデザインが特徴です。これからの季節にぴったり!

最近の私的ヒット

©GISELe2017年5月号

ケバくなりやすい黒系のアイシャドウですが、「ルナソル」の「ベルベットフルアイズ 04」は上品に色づくのでお気に入り。明るいカラーの春服を、クールな目元で引き締めたいです。

©GISELe2017年5月号

ヘアメイクさんに教えてもらったなつめのお菓子に最近ハマっています。なつめはおいしいだけでなく、カリウム・鉄分が豊富なので美容にも効果的なうれしいおやつです。

 

いかがでしたか?

どんな色や柄のトップスとも相性抜群のワイドパンツ。小山田さんの言葉を参考に、使いまわしの効く1着を探してみてくださいね!

 

スタイリスト小山田早織さんの淡色デニムを使ったテイスト別コーデ

( )

PAGE TOP