スタイリスト樋口かほりさん発:白で今っぽさを生み出す8つの現場テク

定番だけどなかなか手が出しにくい白ボトム。そこで、minaをはじめ数々の現場で活躍している実力派スタイリストたちが、白ボトムをブラッシュアップさせるおしゃれな着こなしを披露。「コンサバに見えそう…・・・」「太ってみえそう・・・・・・」そんなお悩みからはもう卒業!安藤真由美さんの『“かっこいい白”と“かわいい白”(前編後編)』、永田彩子さんの『スタイルUPできる白』に続き、今回は定番の白でトレンド感を生み出すテクニックについてお届けします。

※価格等は「mina20165月号」掲載当時のものです。商品は販売終了になっている場合、また商品名、価格などが変更になる場合があります。

 

Stylist樋口かほりさん
[PROFILE]minaの表紙や巻頭ページを始め、数々の女性ファッション誌や広告、カタログなどで活躍中。“大人が着たいカジュアル服”をベースに、センスが光る着こなしは特集を組まれるほど大人気!

 

【スタイリスト樋口かほりの現場テク】白でトレンド感を出すにはコツがあります

サロペットやスカートやパンツなど、白ボトムは私のワードローブに欠かせない存在。難しいことは考えず、TPOに合う形を選べば、らくらく攻略出来ちゃいます。オールシーズン着られるアイテムだからこそ、今年らしいシルエットや着こなしにアップデートして!

KEY WORD 01:白サロペは黒でひきしめ!

taw2016052707

白オーバーオール 12,800円+税/MOUSSY、黒ノースリニット 5,500円+税/RIM.ARK(ともに バロックジャパンリミテッド)  サンダル 6,900円+税/CAMILLE BIS RANDA バッグ/スタイリスト私物 ©mina2016年5月号

ラフな印象が強いサロペはインナーで工夫を。品のある黒を合わせてモノトーンでまとめれば、野暮ったさが見事払拭!

KEY WORD 02:あえて白スニーカーを合わせます

taw2016052702

〈右〉スニーカー 8,900円+税/アディダス(アディダスグループお客様窓口) 〈左〉ハイカットスニーカー 6,000円+税/コンバース(コンバースインフォメーションセンター)  ©mina2016年5月号

白ボトムの足元は白スニーカーでつなげて上手にリンク。カジュアルなのに清潔感のある、すっきりとした着こなしが完成。

KEY WORD 03:今年は断然切りっぱなしデニム!

taw2016052706

〈右から〉フレアースカート 18,000円+税/Jilky(ミユ・ブーケット・アパルトモン) ショートパンツ 9,970円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド) デニムパンツ 10,800円+税/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド)  ©mina2016年5月号

白ボトムをカジュアルに着たいなら、手っ取り早いのはデニムの切りっぱなしを選ぶこと。今年らしいこなれたデザインでコーデをアップデートしてくれます。

KEY WORD 04:白スキニーは長めトップスで目くらまし

taw2016052705

白ノースリーブニットワンピース 5,000円+税/LOWRYS FARM(アダストリア) グレーシャツワンピース 6,800円+税/Mila Owen(Mila Owen ルミネ新宿2店)   ©mina2016年5月号

スキニーをはいた時に気になるハリ感は、旬な長めトップスやスカートを合わせて潔く隠しちゃうという選択肢もアリ。

( )

PAGE TOP