ちょっとしたアレンジで見違える!ボブのおくれ毛をおしゃれに見せる方法

今回はボブの子に向けた、おくれ毛のルールをご紹介。レングスが短いから結んでもおくれ毛は自然と落ちてくるけど、そのままはNGです! ボブのおくれ毛のバランスのとり方をRUMIさんに教えてもらいました。

STEP1 まず全体の毛先を巻く

@mina2017年1月号

耳横の髪のみ、なみなみウェーブにすることで、おくれ毛になったときにバランスがよく、小顔効果も狙えます!

1.ストレートアイロンで、全体の毛先→えり足の順に外巻きして外ハネに。ストレートアイロンならボブでもヤケドの心配なし。

2.耳横の内側の髪は、なみなみウェーブ。根元から内→外巻きを交互に。

3.耳横の表面の髪も同様に、根元から毛先までなみなみウェーブに。

4.巻き終わるとこんな感じ。耳横に動きが出てはなやかなニュアンスに。

 
ベースの“なみなみ巻き”はコチラ▼

【話題沸騰中!】Rumiさんのヘアアレンジ基本テクは“スプレー”“ほぐす”“なみなみ巻き”♥

 

STEP2 結ぶ→耳にかける

@mina2017年1月号

結べずに量が多くなってしまうもみあげのおくれ毛は半分耳にかけるとバランスGOOD!

1.後ろでひとつ結びにした状態。このままではサイドのおくれ毛が多い。

2.多めに残ってしまったもみあげのおくれ毛の上半分を耳にかける。

3.もみあげのおくれ毛が耳後ろのおくれ毛になり、バランスがよくなる。

STEP3 しっかりセットしてキープ

@mina2017年1月号

短めレングスでもスタイリング剤のひと手間を忘れずに。アレンジしたての美しいシルエットをキープ!

1.あずき大の量のグロスワックスを指先にまんべんなくなじませ、くしゃっとつかむようになじませる。

2.指先に残ったワックスを手先にすり込むようになじませ、束感を演出。

3.えり足のおくれ毛もパサついて見えないよう、忘れずにワックスをON。

4.キープスプレーをおくれ毛全体に。パラッと落ちた毛も無造作な印象に。

 

おくれ毛を工夫すればニュアンスが出ておしゃれに見えるのはもちろん、小顔に見える嬉しい効果も。イベントシーズン前にコツをつかんで、ぜひ実践してみてくださいね。

 

 

 

☆まとめ読みはこちらから

 

 

( )

PAGE TOP