田中美保も悩んでた!花粉症ブスを克服する6つの対策

メイクはうまくのらないし、マスクが顔の一部になってるし。花粉症は女子にとってブスのもと! つらい時期でも可愛さをキープしている女子たちに、さまざまな克服法を教えてもらいました。

田中美保も花粉症に悩んでいた!

つねに可愛さをキープしてるminaモデル田中美保も、実は毎年春になると花粉症に悩んでいるそう! 「肌が乾燥してかゆくなってしまうのが悩み」だそうで、朝は敏感肌用のクリーム、昼は加湿器をつねにON、夜は半身浴をして徹底的に保湿! 撮影可能なうるおい肌をいつでも維持しているそう。

読者モデル直伝!花粉症克服テク

@mina2017年3月号

克服テク①「朝食はヨーグルト+りんご」

乳酸菌をたくさんとって免疫力を上げるといいと聞いて以来、毎朝食べてます。りんごも症状を緩和してくれるらしいので一緒に。(中間愛さん)

克服テク②「おやつは”じゃばらジュース”」

柑橘系の果物”じゃばら”の100%ジュースを飲んでます。鼻づまりなど症状を軽減してくれると聞いたので、花粉の時期のおやつはコレ!(藤井早希子さん)

@mina2017年3月号

克服テク③「フチ太めメガネをアイラインがわりに」

アイメイクは思い切ってあきらめて、ダテメガネのフチをアイラインとして使いカモフラージュ。フチが太いほうがごまかせます。(菊谷萌さん)

克服テク④「落ちにくい練りタイプのチークにチェンジ」

花粉の時期は、マスクでこすれてもヨレにくい、練りタイプのチークを愛用。肌に密着するので、マスクにつきにくいのもお気に入りです。(武智志穂さん)

@mina2017年3月号

克服テク⑤「ハーブオイルを肌に直接塗って症状をラクに」

ユーカリやローマンカモミールなど、鼻づまりや目のかゆみに効果的なアロマの入ったオイルを花粉症の時期に持ち歩いてます。(中間愛さん)

克服テク⑥「大ぶりアクセで顔まわりをはなやかに」

耳元に旬の大ぶりイヤリングをON。マスクで顔が覆われてしまっても、簡単におしゃれに見せることができます。(中村美由紀さん)

 

もうすぐ本格的な花粉症シーズン。体の外側と内側から徹底的に予防で可愛さをキープして、新生活を気持ちよく迎えましょう♪

花粉症特集はこちら>>>

その眉の描き方、古くない?『眉メイクの素朴すぎる疑問Q&A』Part1

その眉の描き方、古くない?『眉メイクの素朴すぎる疑問Q&A』Part2

 

( )

PAGE TOP