25歳から覚えたい「ちょうどいいまつ毛の盛り方」詳細プロセス《マスカラ編》

25歳はメイクの見直しどき。そろそろきちんと感も欲しいし、おしゃれっぽさもとり入れたいところ。基本をおさらいしながらアップデートして、「今」にぴったりの自分らしいメイクを見つけて。目元や眉は薄すぎず盛りすぎず、仕上がりのきれいさを重視、シャドウの色や質感、まつ毛で今っぽさを加えるのが正解です。

ビューラーの内向きがけでナチュラル美まつ毛に

ただ長さやボリュームを出すだけでなく、きれいなカーブとダマづきのない仕上がりを重視して。ビューラーを丁寧にかけるのが重要。

 

基本1《ビューラー編》はこちら

 

基本2《マスカラ》:太さや長さよりきれいにつけることを重視

©mina2017年3月号

Bを上まつ毛の根元に入れ、押しあててグッと持ち上げる。小刻みにジグザグに動かし、しっかりつける。

©mina2017年3月号

根元から毛先へスッと動かす。放射状にカールがつくようここで方向づけ。ダマにならないようていねいに。

©mina2017年3月号

目尻や目頭も根元からつける。まぶたを軽く押さえ、ブラシを縦に持ち、先端を使って少しずつ塗って。

©mina2017年3月号

ブラシを横に持ち下まつ毛の根元を押し下げる。縦に持って横に動かし全体につけブラシの先で長さを出す。

《応用》流し目アイは目尻だけ重ねて

大人っぽい目元をめざすなら、まつ毛を横に流してみて。ビューラーのかけ方を変えるだけでぐっと色っぽく。

©mina2017年3月号

Aを根元にかける→カーブをつくる→根元にかけ、最後に外向きに傾けて。Bを目尻だけ横にスッと流すようにつけて。

 

 

ボリュームや長さより、重視すべきはダマづきのない仕上がり。根元から毛先まで均一にキレイにつけるコツは細かく少しずつつけることにあり。

《25歳のメイク》をまとめ読み

( )

PAGE TOP