ハネ上げライン古くない?イマドキ感が出る2つの応用アイラインテクニック

25歳はメイクの見直しどき。そろそろきちんと感も欲しいし、おしゃれっぽさもとり入れたいところ。基本をおさらいしながらアップデートして、「今」にぴったりの自分らしいメイクを見つけて。目元や眉は薄すぎず盛りすぎず、仕上がりのきれいさを重視、シャドウの色や質感、アイラインで今っぽさを加えるのが正解です。

 

こちらもチェック

今さら聞けないアイラインの悩み「ラインがガタつくんですけど…」

 

「ハネ上げライン」はハネ上げないのが今ドキ!

©mina2017年3月号

わざとらしいキャットラインは流行遅れ。基本のラインの目尻だけほんの少し太く足しつつのばす程度が大人っぽい。

©mina2017年3月号

基本のラインを引き、目を開けて目尻のラインを水平にのばす。目のきわから1㎜あければ自然な上向きの角度に。

「カラーライン」は根元を黒でひきしめて

引き続き流行の赤ライン。オトナ女子なら太く入れすぎず、さりげなく使うのがオススメ。カラーラインの場合、根元は黒でひきしめ。

©mina2017年3月号

黒のペンシルアイライナーでまつ毛の根元を小刻みに埋める。鏡を下側に持つのが根元をしっかり埋めるポイント。赤ライナーを先に引いた黒ラインよりもやや太めにON。目尻は綿棒でスッとぼかして。

 

メイクトレンドは刻々と変わっています。いつまでもメイクを更新しないといつのまにか老けた印象に。ちょっとした変化をおさえて「今っぽ顔」を手に入れて。

 

《25歳のメイク》をまとめ読み

( )

PAGE TOP