【先輩に聞いた!就活コラム①】インターンに行く4つのメリット 

「インターン」とは、将来のキャリアや仕事のイメージを持つのために 一定期間実際の企業で働くことを言います。関心のある分野で働くことによって、その業界や企業のことがよりいっそう知ることができるので、行って損なし! *内定が決まっている大学4年生100人に調査した結果をもとに記事をまとめています。

そもそもインターンを経験しましたか?

▶YES・・・99%

▶NO・・・   1%

なんと99%の人が参加。インターンでも書類選考や面接があるところも多いので、本番前の予行練習にもなるみたい。参加できたら具体的にどんなメリットがあるのか、インターンを経験した先輩の話をみていきましょう。

 

メリット①自分が働く姿をイメージできる!

▶先輩の声💬 
それぞれの業種について詳しく知ることができ、『実際ここで働いたらこうなんだろうな』と想像することができた!」(川上莉奈さん 旅行業界内定)

働く姿を想像することってほんとうに大事なんです。ここでの感覚で、その会社に長く働き続けられるか判断していくのも大切。

メリット②本番のグループディスカッションの練習ができた!

▶先輩の声💬 
 「本番の面接やグループディスカッションで緊張しなかったのは、インターンでグループワークが多かったからだと思う!」(藤原美月さん マスコミ業界内定)

グループディスカッションは一人ではできないので、こういう場でやってもらえるのはありがたいこと。早いうちに場数を踏んで本番に挑むのがベスト★

メリット③まわりの士気のたかさにモチベーションUP

▶先輩の声💬  
「インターンでほかの就活生と接して、みんなのがんばりに感激! 自分もがんばろうと思い、先輩や姉に話を聞くようになった。」(澤田あゆみさん 金融業界内定)

インターンで仲良くなったコとその後も交流がある人もいるみたい。みんな同じ業界を目指しているから、筆記試験や面接会場でばったり会うなんてことも!

メリット④ここで目に止まればきっと選考も有利なハズ

▶先輩の声💬 
 「インターン選考で落ちたら…と考えると怖いけど、アピールできればチャンスになるはずと思いチャレンジ! 実際一次面接はパスでした。」YY IT業界内定)

インターンが選考に関係があるところもあるみたい。少なくとも自分の第一志望の企業は受けておいたほうがいいかも。

インターンをしなかった人にも意見を聞きました!

▶先輩の声💬 
インターンに参加しているのは、総合職希望のコがほとんど。一般職希望の自分には関係ないなと思った。」RTさん 金融業界内定)

「ちょっと後ろ向きだけど、そこでヘマをして内定が遠のくより、普通にエントリーしたほうがいいと思った。」SOさん メーカー内定)

 

いかがでしたか? ほとんどの学生が受けているインターンを利用して実際の企業で働くと、仕事をリアルに感じることができるので、ギャップがなくなります。働いてから後悔しないためにも、今からチャレンジしましょう!

女子大生のための就活特集』はこちらから


ESや面接突破のコツ満載の就活講座や就活塾への突撃取材、人気企業人事部インタビューの真面目な就活記事から、黒髪でも似合うヘア&メイクまで就活中の女子大生の情報満載。

 

( )

PAGE TOP