こうすれば浮かない!子供っぽくない!白・パステルカラーの大人見せコーデLESSON

買ったはいいけど「マンネリ気味」「なんか浮いちゃう」「子どもっぽい」etc…でタンスに眠ったまま。そんな手持ち服の「白&パステル」の活用術をスタイリスト樋口さんが伝授! ほんのり甘くて、だけどオトナっぽいコーデに仕上がります♥

今回の着こなし5アイテムはコチラ!

★ピンクベージュのチェスターコート
★パステル花柄スカート
★白レースタイトスカート
★パステルカーディガン
★白ニット

コーデが同じになりがちなパステルコート

合わせが一辺倒になりがちな…ピンクベージュチェスターコート

©Ray2017年1月号

思いきって赤IN! パステル×ベーシックカラーの思い込みを払拭!』
ワンパターンに見える原因は配色。思いきって派手色をプラスすると、印象が簡単に変わります。おすすめは、ピンクベージュとほどよくなじんで、女のコらしい可愛さもキープできる赤!(スタイリスト 樋口さん)

 

×シンプルニットで赤なら今すぐマネできる♪
赤ボトムは難易度が高いけど、トップスなら簡単。特にチェスターと相性のいいハイネックやタートルネックが使いやすい♥

©Ray2017年1月号

 

使いやすいからこそマンネリするレーススカート

マンネリになりがちな…レースタイトスカート

©Ray2017年1月号

『トップス合わせでデイリー&スペシャルな日を使い分け!』
×シンプルニットばかりだと、ずっとマンネリ。トップス泡汗で、着こなしのパターンを増やしましょう。基本は、レイヤードやデコラトップスで盛る方向。その分配色をすっきりさせて。(スタイリスト 樋口さん)

 

【Daily】知的に見せる茶系レイヤード。きちんと感が新鮮!
シンプルなニットで合わせがデイリー仕様にちょうどいい。かっちり、上品に。こびないトラッドまとめが正解。

©Ray2017年1月号

 

【Special day】潔い白のワントーンでドキッとさせる♥
トップスがシンプルだと普通。特別な日にマッチするデコラブラウスで、白ワントーンの華やかさをさらに盛り上げて。

©Ray2017年1月号

 

可愛いけど幼く見える気がするパステル花柄スカート

子どもっぽく見られがちな…パステル花柄スカート

©Ray2017年1月号

『あえて花柄面積を減らす“すそからチラ見せ”。甘い色はこのくらいがちょうどイイ!』
色も柄もシルエットも甘めなので、見せる面積を小さく、ワンポイントで効かせたほうが確実に大人。手持ちのニットやコートで簡単にできるテクなので、ぜひトライしてみて!

 

©Ray2017年1月号

【ニットからチラ見せ】
すっきり見せたい日は定番色ニットで。配色は甘めでも、このバランスなら大人で可愛い!
【コートからチラ見せ】
定番より、×トレンドコートがおしゃれで合わせやすい! スカートとコートの丈感が重要。

 

次のページには、きちんとした印象でコンサバになりがちな「パステルカーデ」、周りとコーデがかぶってしまいがちな「白ニット」の浮かずに大人っぽく見えるコーデを紹介♥

( )

PAGE TOP