元・航空会社の面接官は学生のココを見ていた!意外な評価基準をこっそり伝授

こんにちは、Ray編集部で働く学生記者のテラサカです。今日から本格的に就活がスタートですね!大手就活サイトの合同イベントに向かう電車のなかで、前回の記事を読んでみるのもいいかもしれません!

今回もマナースクール「トリプルウィン」の代表森さんと松井さんにお話しを聞いた内容を紹介します。航空会社で面接官をしていたこともある森さんに、選考が進むごとに、どのような基準で学生を評価していたのか、どんなことを意識していけばいいのか教えてもらいました。学生の目線では気づかなかったようなことまで意外にも見られているみたい!?今から面接対策・面接練習に取り入れて、本番で活かしていきましょう!

航空会社だけでなく、一般企業での面接においても、人事の方が見ている部分は共通しているはずなので、航空業界志望ではない人も要チェック!

一次面接:人の話をどんなふうに聞いているか?

第一次面接は、グループ面接で行われます。4人一組で受かるのは1人、多くても2人。ここで気にしてほしいことは、人の話をどんなふうに聞いているか?ということ。

『私はグループ面接のときは、自分以外の人が話しているときに、どういう表情や立ち居振る舞いをしているかを見ていました。ほかの人が質問に答えている間、どうやって答えようと自分のことだけを考えてしまっている人、ほかの人の答えをちゃんと聞いている人、その会話を聞いて楽しんでいる人など、いろんな学生さんがいます』(森さん)

見られていないと思いがちな場面ですが、意外と見られているんですね。自分が当たっていないときも、気を抜かないことが大事です。

『ずっと下を向いている子には、今の話を聞いてどう思いましたか?と問いかけることもあります』(森さん)

ここで何も答えられなくなってしまうことのないよう、自分の答えを悩みたい気持ちもわかりますが、きちんとほかの人の話も聞きましょう!

二次面接:ちょっとした気遣い

二次面接からは、個人面接。英語の試験と平行して行われることもあるようです。二次面接では3分の1まで選考されていくみたい。ここでは、ちょっとした気遣いに注意してほしいそう。

『椅子をどういうふうに引いて、どういうふうに座るか。仕草ひとつひとつに気遣いや思いやりの気持ちが見えるかを確認しています。また、部屋から出ていくところも見ています。面接が終わってホッとしたとき、ボロが出てしまいがちなんです』(森さん)

細かいところまで見られているんですね。航空業界、特にCAは人に見られるお仕事。所作ひとつひとつに気配りが必要なのかもしれません。

『話しているときの表情や癖にも注目しています。例えば質問されて答えに困ったとき、あなたはどこを見ますか?右上を見るときは言い訳や嘘を考えているとき、左上は過去、もしくは自分の中からなんとか引っ張り出したいと思っているとき、下向きは一気に自分に自信がなくなってしまったとき。そうじゃなかったとしても、そういうふうに見えてしまうということを意識することが大切です』(森さん)

自分では気付くことが難しい話しているときの癖。仲の良い友人や家族に聞いてみるのもいいかもしれません。癖は意識して練習し、習慣づけていけば直すことができます。なるべく早くから対策し、体で覚えるようにして身につけていくことが大事です。

他にも、言葉の端々から“素直さ”を見ているよう。

『この子に色々教えていったら、スポンジが水を含んでいくようにすごく変わるんじゃないかなと思わせるような素直さが大事です。何かを言われたときの受け止め方を見ています』(森さん)

信頼感、安心感、誠実さ、素直さという要素は、どこの会社においても欲しがる人材。就活をしていく上でのキーワードになっていきそうですね。

そして気になる最終面接では?

( )

PAGE TOP