【内定複数GETのヒミツ②】受かる志望動機を書くためのコツは?

みなさんこんにちは、Ray編集部で働く大学三年生のテラサカです。前回の記事では、サークル不参加、資格もTOEICも持っていないYさん(明治学院大学の4年生、メガバンクの内定者)がどうして大手企業に内定をもらえたのか、その秘密に迫りました。今回も引き続きその謎を調べていきます。

エントリーシートを提出した24社中24社通過したYさんの、とっておきのヒミツは、志望動機づけにあったんです!

志望動機にはリアルな体験、言葉を入れよう!

エントリーシートにはほとんど必ず書く欄があり、面接でも必ず聞かれること。それが志望動機。みなさんもちょうど今、どうやって何を書こうか、悩んでいるかもしれませんね。Yさんも同じ悩みを持っていたそうです。

『第一志望は金融業界でしたが、銀行って、どの会社もやっていることが同じで、私には違いがわかりませんでした。福利厚生もどこも充実していたし、他と比べてどうしてここがいいのか、という理由が思いつかなかったんです』(Yさん)

そこでYさんは、志望動機にリアルな体験談や実際に聞いた言葉などを使い、肉付けをするために、秋冬にインターンシップ、3月、4月には支店訪問とOBOG訪問に力を入れたそうです。その3つを行うときの注意点やメリットを教えてもらいました。

①インターンシップのメリット

みなさんも、夏をふくめ、インターンシップに参加したことがある人は多いのではないでしょうか。Yさんも、秋冬にいくつかインターンシップに参加したそうです。Yさんが感じたインターンシップのメリットを教えてもらいました。

 

『業務内容がわかるというのももちろんですが、仕事している人の生活リズムを知ることができてよかったです。イメージだけでいいなと思っていたところの話を聞いて、自分が思っていたのと違うなと感じて、受けるのをやめたところもあります。それに、実際にオフィスや支店に行くと、面接でネタになるんですよ』(Yさん)

働くイメージをつかむことができたYさん。また、インターンシップのときの話を面接などですると、話が広がったり、「行ったんだね」と興味をもってもらえたりするらしいですよ。

②支店訪問は絶対やるべき!

また、銀行を目指しているなら、支店訪問を行うべきだとYさんが教えてくれました。支店訪問とは、実際に店舗に行き、見学させてもらうこと。説明会でも「ぜひ支店訪問してみてください」と言われるそうです。

『私はいくつかの店舗に突撃訪問しました。見学させてほしいのですが、と頼むと、受付の内側や店の中を見学させてもらえます。時間にもよると思いますが、私は社員の方ともお話しさせてもらいました』(Yさん)

支店訪問は、実際にお客様相手に働いている姿を間近で見れる貴重な場。ぜひ一度は行ってみましょう。

③OBOG訪問を成功させるには…?

また、Yさんが力を入れていたのはOBOG訪問。その連絡方法やのコツを教えてもらいました!

( )

PAGE TOP