本当に知りたいこと8選! 絶対役立つ一人暮らしのQ&A

一人暮らしを始めると、いろんなトラブルが待ち受けていることは知っていますか? 今回は一人暮らし100人の経験をもとにみんなが見落としがちな情報を厳選して、Q&A形式でご紹介。

これを読めば快適な一人暮らしがきっと送れます♪

部屋探しから買いそろえる物まで【基本編】

Q1 1カ月にかかる費用は?

A 都内だと15万前後はかかるかも!

「熱費は時期にもよりますが、だいたい1万円くらい。携帯代1万円、日用品代1万円、食費3万円は最低必要で、これに都内の家賃平均8万円を加算すると約15万円になります。」田辺舞さん(法政大学4年)

 

Q2 部屋を見学しに行くとき、気をつけておきたいことってどんなこと?

A 日当たりや防音、コンセントの数など隅々までチェックする必要があります!
「見学時にこの3つを忘れると後悔することになります。日当たりは見学に行く時間帯によっても異なるので注意。壁の厚さを確かめる防音チェックやコンセントの数は盲点になりやすいので、必ず確認!」藤原沙織さん(会社員・25才)

 

Q3 部屋探しにおいて優先した条件は?

A 「バス・トイレ別」がオススメ!

「ユニットバスは洗い場がなく、浴槽内で体を洗ったあとでしかお湯をためられないし、お風呂に入ったあとは、トイレの床がビショビショになりがち。かなり不便なんです。」藤原沙也加さん(青山学院大学3年)

 

Q4 最低限あればいい家電を教えてください

A 冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機があればOK

「一人暮らしを始める前は理想の生活を夢見ているので、使わない家電まで購入しちゃいがちなんです。はじめは最低限そろえて、その後必要であれば追加していくのがベター。」杉尾冴子さん(会社員・24才)

 

住み始めてから起きるお悩みに対応【生活編】

Q5 防犯のために何かやっていたことはある?

A ストーカー、セールス訪問の対策は必須です!

「ストーカー対策は男物のアイテムを傘立てや洗濯物に加えること。セールス訪問対策はドアを開けるとき、必ずチェーンをつけたままで対応すると◎。」小川玲奈さん(会社員・25才)

 

Q6 備えておいたほうがいいものを教えてください

A ・電気ケトル ・踏み台・ゴム手袋 ・缶切り ・ドライバー

「いざというときに活躍するのがこの5アイテム。とくに踏み台は突然電球が切れて取り替えるとき、ドライバーは家具のネジが急に緩んだときなどトラブル時に役立ちます。電気ケトルは、時間がないときでも、瞬時にお湯を沸かせられる便利アイテム。」西里見さん(早稲田大学2年)

 

Q7 急に起きてビックリしたトラブルは?

A 突然ガスが止まり、お湯が出なくなった

「長時間お湯を出しっぱなしにしていたら、安全装置が働き、ガスの供給が遮断されました。復旧は自分でできるけど、ガスメーターの位置を事前に把握しておくことが大事。」阪上りかさん(会社員・25才)

 

Q8 とにかくゴキブリが怖いんです……

A 入居前に部屋に強力な殺虫剤をセット!

「煙を出す殺虫剤で部屋の隅々まで駆除できます。万が一出た場合はスプレーで対応。逃がした場合、出現したところにスプレーをかけておけば、危険を感知して家の外に逃げていきます。」都甲唯奈さん(駒澤大学1年)

 

いかがでしたか? 不安な一人暮らしも知るべきことを知っておけば、恐怖心も少し解消します。また、一人暮らしは怖いことや辛いことだけでなく楽しかったり自由を謳歌できるものでもあります♪ これから始まる新たな暮らしをエンジョイする為にも今出来ることを最大限やっておきましょう♥︎

( )

PAGE TOP