【飲み会の心得】人見知りでも大丈夫! 役立つ!! 飲み会のマナー・テクニック

悩んでいる人は多いのに。誰も教えてくれない飲み会のマナーやテクニック。そこで知っておくと役立つ“飲み会の心得”をプロが伝授。「男モテ」代表として、タレントの中村静香さん。「大人モテ」代表として元・銀座のホステス、現在は心理カウンセラーとして活躍する塚越友子先生。コレで飲み会も怖くないッ!!

万人ウケ狙いたいなら覚えておきたい“飲み会の心得”

まずここでは、プロの回答の中から万人に通用する心得を紹介! 最低限、これさえおさえておけば飲み会のマナーはバッチリ。

心得1:何はともあれ、“笑顔”でいるべし!

どんな相手でも“笑顔”が嫌いな人はいないもの。初対面ならなおさら。“笑顔=あなたに敵意はありません”というサインにも。席についたら、終始、口角を上げて笑顔をキープして。

 

心得2:リアクションに全精力を注入すべし!

トークを盛り上げなきゃ、場を仕切らなきゃと気負うより、誰かの話に全力でリアクションするほうが◎。女の先輩やお局がいる場ではぶりっコ笑いではなく、大爆笑系のほうがウケよし。

 

心得3:最初の一杯はみんなと合わせるべし!

ズバリ、飲み会は“ノリ”と“協調性”が重要! お酒が苦手でも、みんながビールを注文したら、自分も頼むのが正解。ひとり違うものを頼んで場をシラケさせたり、待たせるのは印象ダウン。

 

心得4:露出はほどほどにおさえるべし!

男子や男性上司にモテたいからと露出を多めにするのは、ちょっと待った! 軽い女と思われたり、女子やお局から嫌われる可能性大。誰からも好印象を持たれる清楚系で臨むのがGOOD。

 

心得5:質問には基本迅速に正直に回答すべし!

「休日は何してるの?」「特技は?」などと聞かれたら、即座&正直に答えるように。「うーん」ともったいをつけたり、自分をよく見せようと嘘をつくと、その後取り返しのつかない事態に。

 

心得6:容姿ではなくセンスや内面をホメるべし!

「イケメンだよね」「スタイルいいですね」と顔やスタイルを直接的にホメるよりお店や持ち物に触れてセンスを評価したり、内面をホメて「他のコとは違う」と思わせられる。

 

男モテ代表▶「〇〇さえふりまいておけば、万事OK♥」

笑顔+リアクションを大きくしていると自然と飲み会の中心に!
仕事柄、芸人さんやプロデューサーの男性と飲む機会が多め。どんな飲み会でも意識しているのは、終始………(次のページへ続く)

( )

PAGE TOP