【5年後に後悔しないための美白習慣】本当に必要な美白ケア『朝の予防ケア編』

10代に比べて代謝が低下するハタチ以降の肌には、これまで通りのケアでは役不足。ワンランクアップのケアで美白肌をキープ! 今やっておくべき、本当に必要な美白ケアを解説。今回は朝のお手入れ後に行う、朝の予防ケアについて。

ズバリ!今するべき美白とは……?
できてからより、できないように今のうちにケアするほうが効果的!

朝の予防夜のアフターケア
さえちゃんとすれば大丈夫

朝のお手入れ後に、日焼け止めで紫外線をしっかりガードして、夜は日中に受けたダメージをその日のうちに保湿と美白コスメでリセット。当たり前のことですが、この積み重ねがとっても大切。夏休みのレポートのように、「まとめてあとで」は通用しないのでご注意を!

朝のケア【日焼け止め】

天候や予定に関係なく、
朝のスキンケア後は日焼け止め必須。
一日中室内にいるときだって、必ず塗りましょう!

日焼け止めは日差しが強くなってから……なんて考えは甘い! 紫外線は年中私たちのもとに降り注ぎ、ガラスも通すので室内だって危険。直接肌が出る部分は日焼け対策を。

日焼け止めの正しいつけ方

1.ケチらず適量を使い切ること

規定の量を手のひらに出す。適量を塗らないと、UVカット効果を発揮できません。

 

2.5点置きしてから指で均一に広げる

おでこ、ほお、鼻の上、あごの5点に日焼け止めを置き、指の腹で全体へのばす。

 

3.顔の高い部分は重ね塗りして

おでこやほお骨、鼻の頭は日に当たりやすい部分なのでさらに薄く上から重ねて。

 

4.余った分で、首や耳の後ろにも塗る

特にアップヘアのときは、首元や耳周辺も、日焼けしやすい部分なので入念に。

 

💬先生からのアドバイス半日に一度は塗り直しを
午後は紫外線量が一気に高まるので、正午を目安に塗り直しを。長時間外で活動する場合はそれだけダメージを強く受けるので、数時間おきに塗り直しするとさらに効果的。

 

次のページでは、ナチュラルタイプなものから、高機能なハイブリット、汗水に強い強力なものなど機能別にオススメの日焼け止めを紹介。

 

( )

PAGE TOP