冷え性改善の第一歩!温活前に冷えレベルをチェック!【冷え性②】

「手が冷たくて文字がかけない」、「足が冷たくてパンプスが履けない」、そんな冷え性さん必見!もしかしたらあなたの日常生活に冷え性の原因があるのかも?今回は『あたため研究所』監修、ブル度チェックをお届け!さらに冷え性を卒業した研究員の森増(もります)さんが、冷え性を克服するメリットを語ります♥

★前回記事はこちら★

1日の生活行動でブル度をチェック!

□お水を冷蔵庫に入れて冷たいまま飲む。
 生野菜を大量に食べる事が多い。
 足首を出した服装をよくする。
 甘い物やファストフードをよく食べる。
 移動はほとんどタクシーやエレベーターであまり歩かない。
 毎日デスクワークだ。
 コーヒーを1日にたくさん飲む。
 電気毛布を愛用している。
 下着は見た目重視のナイロン製がほとんど。
 湯船につからずシャワーの日が多い。

6個以上当てはまった方は、日常生活に冷え性の原因が多め。このままだと、冷え性が原因で体調不良になったり、もっと悪ければ病気になってしまうことも。『冷えていていいことはひとつもない』とわかっていながら『ちょっと我慢すればいいや』と思っている方は要注意!今は問題なくても、今後病気のリスクは高くなります。

「寒いな、嫌だな、と少しでも思ったら、今すぐ冷え性を克服したほうがいいですよ!」と言うのはあたため研究所の森増さん。カイロやストレッチ、体を温める食材を生活にとり入れた「温活」で実際に冷え性を克服した彼女が語る、冷え性改善のメリットとは?

冷えていると感じるなら今すぐ温活をはじめて!

「冷えていた頃は、生活に大きな支障があったわけではなかったので、別に気にしてなかったのですが、温活をして冷え性を克服したら、“なんとなく不調”の状態を脱したんです。体のダルさや、イライラがなくなり、風邪もひきにくくなりました。生理痛、むくみも解決しましたよ。なんでもっと早くやらなかったんだろうと思いました。冷え性を卒業すると本当にいい事だらけだったんです♥

冷え性を克服したら考え方まで前向きに!

「温活は言葉通り体を温める活動ですが、体があたたまると、気持ちもほぐれてきて、心もあたたまるんです。私たち『あたため研究所』は体を温めて人生を豊かにすることも目標に温活しています。体があたたまると、考え方まで前向きになれちゃうんですよ。外出も億劫じゃなくなって、行動範囲も広がったので本当に活動量が増えました。」

冷え性を克服したら心にまで余裕が♥

「体温が上がって一番変わったなと思うのは、心に余裕ができたこと。冷え性のときは体が冷えていつも寒かったので、普通にしていても体がダルかったり、イライラしていることが多かったんです。何気ない生活に寒さがいつもつきまとっていたんです。外出するにもとにかく寒いのでお店に入りたいとか、帰りたいとか思っていたんです。でも今は冬はたしかに寒いけど、落ち葉がひらりとしたのをみてキレイだなと思えたり、心に余裕ができました」

体が冷えていて良いことなんて一つもありませんよね。あなたも体を温めて“なんとなく不調“の状態を抜け出してみませんか?次回はあたため研究所の研究員さんが実際に取り入れている『温活』をご紹介します☆

取材・文/奥家沙枝子

今回お話を伺ったのは…

『あたため研究所 温活36.5℃』

温活に関わるお役立ち情報をお届け。温活方法、冷え対策、おすすめ温活グッズ等を開発している。

特集を読む方はコチラ>>

( )

PAGE TOP