夜の蝶から月商2億円の実業家に!28歳にして2つの成功を手に入れるまでの道とは?

――苦労したことはありますか?

すごく辛かったのは、雇った人がどんどん辞めていってしまったこと。たまにまとめて1週間休暇をとると、帰って来た時に誰かいない。今までキャバの子たちとしか話したことがなくて、「ヤバイ、可愛い、ウケる」で会話が成り立っていて、昼働いてる人たちとテンションが合わなかったんです。スタッフの子たちとキチンと話ができなかったので、どんどんコミュニケーション不足に。だから社内で問題があってもちゃんと解決できていなかったんです。

でも今はできるだけ社員の子と食事をしたり、仕事だけでなくプライベートのこと、彼氏のこととかもどんどん聞いちゃったりそうやって関係を深めるようにしたら、会社の雰囲気が徐々によくなって、社員の子にも積極的に声をかけてもらえるようになりました。

 

――うまくいかないときもあると思いますが、そんな時はどうしていますか?

私も人間なので落ち込まないっていうのは無理。うまくいかなければ絶対落ち込むから、できるだけ早く、また頑張ろうって思うように気持ちを切り替えるようにしています。落ち込んだ時はぼーっとしたり、街を歩いてみたり、1人でリフレッシュすることが多いかな。あとは旅行が好きなので、休みはほとんど海外旅行に使っています。違う景色や海外の可愛いものを見て、やる気を出しています。

 

――ブランドが成功した今、次にやりたいことはありますか?

これからは可愛いにつながるトータルケア事業を展開したい 今は自分がプロデュースするアパレルブランドとネイルサロンがあるので、次はエステや美容クリニックがやりたいな。あと可愛い空間でお茶が飲みたいからカフェもやりたいかも♡夢が膨らむーー

でも準備がすごく大変だってわかってるからちょっとずつ進めていけたらいいな。アパレルやって、うまくいったから終わり、じゃなくて、やりたいことをどんどんやっていくのがいいんじゃないかな。人生長いし!

 

愛沢えみりさんのキャバ嬢から実業家までの道のりをお伺いしました。華やかなイメージの愛沢さんでも苦労したことがたくさんあったのですね。何よりも「コツコツ頑張るのが一番大事」ということを忘れずに。

取材・文/奥家沙枝子

今回お話を伺ったのは

愛沢えみりさん

現役キャバ嬢社長
日本一のキャバ嬢として歌舞伎町で働きながら新世代歌舞伎町ナンバーワンキャバ嬢として雑誌『小悪魔geha』で専属モデルデビュー。ショーやモデルとして活躍する傍ら自身プロデュ-スブランドの『EmiriaWiz』を立上げ、現在はテレビやラジオなどにも出演中。

http://aizawaemiri.com/

『昼職未経験のキャバ嬢が月商2億円の社長に育つまで キラキラ社長・愛沢えみりの起業術』

愛沢えみり特集はこちら>>>

( )

PAGE TOP