可愛いければ800万円でもご購入!愛沢えみりの可愛いものへのこだわりがすごすぎ

思い出も可愛くなければ公開したくない

思い出って自分にとってはすごく大切ですけど、その写真が可愛くなければインスタには載せない。仲良い友達と撮ったセルフィーの写真でも、どんなにその時間が楽しかったとしても、とにかく可愛くなければ載せません。以前みんなと撮った写真をインスタに載せたことがあるんですが、載せた後に本当にこの写真が本当に可愛いか考えたら、暗かったかも、可愛くなかったかもって気になってきちゃって…。それ以来思い出系の写真も本当に可愛いものだけ載せることにしました。

こだわってない写真は可愛くない

私、とにかく写真にうるさいんです。カタログの写真はもちろん、スタッフが更新してるインスタの写真にも口出ししてて、「これだったら載せないほうがマシ!」とか言っちゃってた。発売するアイテムの写真を適当に撮って義務で載せてるだけならやらなくていいって言っちゃいます。こだわってない写真って可愛くないから。

お花と一緒に撮ったりとか、明るさを出したりとか、背景が可愛いものにしたり、こうやって撮ってっていうのを指示してから撮ってもらうようにしています。

えみりの可愛い写真って、こーゆーこと!

彼女の可愛い、可愛くないってどういうこと?インスタにアップできるOK写真、お蔵入り確実のNG写真を解説してもらいました!

例えば左の写真はピンクなのに暗くてハッピーじゃないからNG。右の写真は太陽の光があってかわいい♡さらにポーズは大きい方がいい♪

左の写真は暗くて可愛くないけど、右の写真は明るくてフルーツの色も入って可愛い♡手前に物があると顔が小さく見えるのもポイント!

人の写真まで気になってしょうがない

私、なぜか自分のことだけじゃなくて人の写真まで気になっちゃうんです。せっかく可愛い服だからもっと明るいところで撮ったら可愛くなるのになとか。すごく可愛い子なのに、背景ごちゃごちゃだったりすると、なんでこんなとこで撮るんだろうって思っちゃったり。インスタを見てると全然関係ない人の写真まで気になっちゃう(笑)。

苦手なことはお任せして自分は可愛いに集中!

私は可愛いものを見たり集めたり、伝えたりするのが大好きで、プロデュースしているアパレルブランド「EmiriaWiz」のお仕事もそれがベースになっています。ちょっと極端なんだけど、私、苦手なことは得意な人にやってもらえばいいかなって思ってる。掃除は人にやってもらってるし、料理は全部食べに行っちゃう(笑)。でも、だからこそ大好きな仕事に集中できて、真剣に取り組めるんだと思っています。サポートしてくれる人たちに本当に感謝!

 

判断基準はどんなアイテムにおいても可愛いか可愛くないかの愛沢さんの強烈なこだわり。それがあるから彼女の世界はいつも可愛いもので溢れているんですね。

 取材・文/奥家沙枝子

今回お話を伺ったのは

愛沢えみりさん

現役キャバ嬢社長
日本一のキャバ嬢として歌舞伎町で働きながら新世代歌舞伎町ナンバーワンキャバ嬢として雑誌『小悪魔geha』で専属モデルデビュー。ショーやモデルとして活躍する傍ら自身プロデュ-スブランドの『EmiriaWiz』を立上げ、現在はテレビやラジオなどにも出演中。

http://aizawaemiri.com/

『昼職未経験のキャバ嬢が月商2億円の社長に育つまで キラキラ社長・愛沢えみりの起業術』

愛沢えみり特集はこちら>>>

( )

PAGE TOP