このままだと老け肌決定!自己流スキンケアを皮膚科医と一緒に徹底見直し!

洗顔やスキンケアなど、なんとなく自己流でやっているけど、肌のお悩みは増えるばかり。それってそのスキンケアが間違ってるからでしょ!今こそなんとなくやっていたスキンケアを見直して将来の美肌のためのケアを始めましょ お肌のことは皮膚科の先生に聞くしかない!ということで表参道スキンクリニックの友利新先生にインタビュー!美肌づくりの基本教えてください

自己流スキンケアチェックリスト

まずは自分のスキンケアをチェック。なんとなく自己流でケアしていた皆さん、こんなスキンケアしていませんか?

□メイク落としはゆっくりじっくり

□脂が気になるからスッキリするまでゴシゴシ洗顔

□夏の間はべたつくから化粧水のみ

□高級スキンケアを毎日少しずつ使っている

□日焼け止めは夏だけ使っている

実はコレ、全部間違ったテキトー自己流スキンケア。今すぐ見直さないと確実に老け肌一直線です!10年後の美肌のために今すぐ自己流ケアを卒業しなきゃ!

美肌のコツはこすらない・乾燥させない・日焼けしない

「美肌のための三原則はこすらない・乾燥させない・日焼けしないということです。これは何のためかというと、肌に炎症を起こさせないようにするため。肌に炎症が起こってしまうと老化が進み、みなさんが恐れているシミ、シワ、たるみの原因になります」

三原則に則ったスキンケアを

こすらない・乾燥させない・日焼けしないの三原則を守りながら、クレンジング、洗顔、スキンケア、UVケアをしていれば、肌の老化のスピードをどんどん遅くすることができます。ちなみに肌の状態を変えるというのは医師による治療なので、スキンケアでできるのはあくまで予防です」

アンチエイジング=若返りではない

みなさんが口にするアンチエイジングという言葉の意味は若返りではありません。本当の意味は加齢による老化を少しでも遅くするということなんです。つまり今の状態よりも肌を老化させないことが、アンチエイジング。友利先生の三原則は実はこのためのものです。

 

友利先生の美肌の基本は「こすらない・乾燥させない・日焼けしない」ということでした。次回からは美肌のための三原則を取り入れた実践編をお届けします。クレンジング、洗顔、スキンケア、UVケアの正しいやり方をご紹介しますのでお楽しみに

取材・文/奥家沙枝子

今回お話を伺ったのは

友利新さん

 

沖縄県宮古島出身。東京女子医科大学卒業。同大学病院の内科勤務を経て皮膚科へ転科。現在、都内2か所のクリニックに勤務の傍ら、医師という立場から美容と健康を医療として追求し、美しく生きる為の啓蒙活動を雑誌・TV などで展開中。2004年第36回準ミス日本という経歴をもつ、美貌の新進医師。

ブログ:http://ameblo.jp/arata1107/

友利さんの最新著書はこちら>>

( )

PAGE TOP