買い物にグルメにスパ♥女子旅に人気「タイ」の魅力をご紹介!

ジメジメとした天気が続くけど、夏はもうすぐそこ!楽しい旅行計画はもう立てましたか?

ここ最近、おすすめ旅行スポットとして改めて注目されているのがタイ!ショッピングにグルメはもちろん、ビーチにスパなどなど、特に女子旅を満喫できる❤と人気が高まっています。

そこで今回は、タイと日本の修好130周年にちなんで、女子旅のプロである旅行サイト『TaVision』の山下奈々美さんと現地取材をしたので、タイ・バンコクの女子旅の魅力をお届けします。

東京⇒バンコクは約6時間半!

今回はタイ国際航空さんでフライト。カラフルでタイらしいエキゾチックなシートが可愛いくて、搭乗直後から雰囲気に圧倒されワクワク!


成田からバンコクまで約6時間半、そしてバンコクとの時差(-2時間)があるので、午前中の便で行けばタイ到着はお昼過ぎくらい。時間をムダにせず、そのまま空港から遊びに観光に行けるのも魅力的。

機内サービスのご飯にはタイ料理と日本料理が堪能でき、これから向かうタイへの気分が高まるフライトを楽しめました♪

日帰りで行ける!歴史あるアユタヤ遺跡

観光1日目は、世界遺産にも登録されているアユタヤ遺跡!かつてタイアユタヤ内陸の交易の中心として繁栄したアユタヤ王朝の都は、歴史を知れば知るほど魅了されました。歴史ある世界遺産を見るのに、バスで30分~1時間で行けてしまう手軽さにもビックリ。

遺跡①ワット・チャイ・ワッタナラーム

アユタヤでも1、2を争う人気スポット!630年、第24代王プラサートトーンが亡くなった母を偲んでチャオプラヤー川のほとりに建設した寺院だそうです。

戦争で損壊され、首が切られた仏像など戦争の傷跡が残る寺院です。全て首が全て切られている理由は、仏像の首には金などの宝が入っていたからだそう。

 

遺跡②ワット・プラ・マハータート

仏頭は、ビルマ軍がアユタヤを侵略した際仏像を切り落とされたものです。時間がたち、いつのまにか近くの菩提樹の茎が絡んで仏頭の首を持ち上げるようになり、このような神秘的な光景に。木が成長するにつれて、この顔の位置がどんどんと上に上がっていくそう。数年後またココを訪れて、見てみたくなりました!

 

遺跡③ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

チャオプラヤー川の中州地域には建立されていないことから、ビルマ軍の攻撃から逃れることが出来ました。他の寺院ほどは破損がありません。ここの寺院には大きな涅槃仏像がいます。

この寺院は普通の本堂(礼拝堂)がありますので、タイ国内の人々も参拝に訪れています。

 

また、アユタヤに来たら食べて欲しいのが川エビ。地元の人も川釣りをしていました。川エビ料理の写真は忘れてしまいましたが、名前からは想像できないほど、身がプリプリで美味しかったです♡

 

日タイ修好130周年レセプションパーティー

アユタヤ観光の後は、少しドレスアップして日タイ修好130周年レセプションパーティーに参加!現地のメディアなども沢山来ていました。

実はこの旅行の数日前に「乃木坂46」がタイ国観光大使に起用され、その映像も公開されました♡タイの魅力を新たに知ることができ、さらに好きになりました!

 

タイ観光の定番水上マーケットに行ってみた♡

( )

PAGE TOP