TCM Tokyo Cawaii Media

  • TCM
  • Ray
  • mina
  • Scawaii
  • GISELe

「GISELe」2017年10月号のナカミ

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
B47862f4c947a18780a776127ac0692e4464fbc4
8月28日発売の「GISELe」2017年10月号の内容をチェック!

今月のテーマは…WHAT IS WHATEVER YOU WANT?

今月のテーマは…
WHAT IS WHATEVER YOU WANT?
「見た目から入る」

あなたが欲しいものは何?
変わるものがあふれ、なにを着よう?と見極めていく時期はこんな格好がしたい!という新たなスタイリング=「全体の見た目」から入るのが得策。この秋から始める、新たなスタイル探しをレクチャーします。

もくじ

「新たなスタイル」探し

キレイに着たい、くずして着たい、あるときはメンズっぽく…みなさんの「好き」が見つかるさまざまな新しさをご用意。服は自分らしさを伝えるもの。なんとなく決められたような流行には乗らず、「自分の好き」に従ってオシャレを存分に楽しみましょう!

「なつかしい色」

シンプルなコーディネートでさえも、1つとり入れるだけで瞬時にムードが生まれる「味のある色」。インスピレーションで惹かれた色を素直に楽しめるような、簡単なスタイリングだけをご用意しました。「ふだんはモノトーン派」という人も見過ごせない、ノスタルジックな色の世界へようこそ。

「やぼったかわいい?」POST・デニム CORDUROY

デニム的存在のニューフェイス・コーデュロイ。なかでもとくに注目したいのは、ウエスト位置高め&シルエットはワイドのルーズなパンツ。力の抜けた雰囲気、主役にも脇役にもなる万能さ。毎年あたりまえのようにあるからこそあらためて知りたい、その魅力をクローズアップ。

トップス選びは「ゆったりキレイ」

頼れるシンプルトップス、新たな選びのキーワードは「見た目キレイ、だけどシルエットはルーズ」。これからのオシャレに必須な、女っぽさとリラックス感を兼ねそなえた一枚を主役に、シンプルスタイルをリニューアル。

「きちんとルーズ」な彼女の日常

定着しつつある、ズルッとルーズなワードローブ。それだけでこなれて見える半面、上手なバランスで着こなすのは少々難解。そこでめざすは「ラクな服をキレイに着こなす」女性。キレイといってもコンサバとはひと味違う、大人の女性のためのルーズ感とは?

「デニムと◯◯」でレベルUP

いつものデニムが、いつも以上にかわいく見えてしまう組み合わせを検証!少しハードルが高く感じる流行も、デニムの手にかかればリアルに着地し、それと同時に、今までのデニムはよりよく見える。お互いにとってプラスとなる関係だけをピックUP。

「長めスカート」がちょうどいい

新しいボトム選びの大きな流れは、ゆったりしたハイウエストパンツ、スカートはひざ下の長め丈。その条件を満たしたスカートにしぼり、4つの選択肢をご用意。スカートだからとり入れやすい柄や色、素材を主役に「こう着ればいい」基本的なスタイリングの実例集をお届けします。

「あらゆるメンズ」のかけ合わせ

ジェンダーレスなキーワードを引っかけるだけで、オシャレツウに見えるのはもはや周知の事実。ダンディ・スマート・ワイルドなど。あらためて考えるいろんな“カッコよさ”に着目し、一筋縄ではいかないメンズMIXをマスター。

理由はあとからついてくる「新しい靴」

「足元こそ自分目線」

秋のはじまりとともに、オシャレへの高揚感が増すこの時期。わかりやすい目新しい服をとり入れずとも、印象を変えるには?そこで注目すべきは、デザインもはき方も新しく進化した「ソックス」。手軽にトライできるアクセントで、ワクワクする着こなしを!

「待てないニット」

春夏のTシャツ、秋冬のニット。愛すべきTシャツも、そろそろお別れする時期にさしかかってきました。店頭にも並び始める新しいニット、何を着よう? アレコレと、そんな思いをめぐらせるのも心躍るシーズンはじめの楽しい行事。着るのはもう少し先、だけど選びにアタリをつけるのは今! 1stニット選びの参考になる、あせない新しさを含んだモノだけをお届けします。

「パリシック」をお手本に

タイムレスのお手本のようなフレンチシネマのヒロイン。彼女たちのスタイルに「なりたい自分」を重ねることで理想は手に届くものにぐっと近づきます。「過ぎない」こなれ感はもちろん、「ラクに逃げない」攻めのスタイルも。生き方まで含めたロールモデルのメイクから新たな選択肢を見つけて。

TREND EXPRESS!

スタイリストによるコレクション談議から、ファッションフリークが集うショップのItアイテムまで。この秋の流行がすべてわかると言っても過言でないくらい、盛りだくさんなラインアップでお届けします。

「なぜか目にとまる」ヘアアレンジ

疲れずに過ごせて、特別なコトはせず、なのに今っぽい。そんなついつい二度見してしまうヘア美人が意識しているTIPSにクローズアップ。アレコレしなくてもオシャレに見える「なぜか目にとまる」ヘアスタイルの正体を探ります。

GISELe10月号は8月28日発売!

今回ご紹介した他にも、モノトーンをアップデートする方法や気になるファー特集、小物テクニックなどなど、今すぐ役立つ情報が満載!
全国の書店やコンビニでGISELe最新号をゲットしてくださいね!

RELATED

関連する記事

KEYWORD

いま話題のキーワード

RANKING

人気記事ランキング