TCM Tokyo Cawaii Media

  • TCM
  • Ray
  • mina
  • Scawaii
  • GISELe

定番?ニューフェイス?ベストバランスなコートの着こなし方

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
7d06d481553506b31b00df2463e4e0151d83cb1d
定番からNEWフェイスまで、見のがせなかった一着をベストなコーディネート実例でご紹介。理由はあとからついてくる。完結されたスタイリングから理想のコートを見いだすのも手段の1つ。

いつもの配色なら冒険できる

独特の存在感を放つ、注目のネイビーベロア。今まで「ネイビーのチェスター」だったところに差しかえる感覚で始めるのが簡単。

ベロアコート 40,000円+税/BED&BREAKFAST(GREED International Tokyo Store) オフ白ニットプルオーバー 43,000円+税、デニムパンツ 25,000円+税/とも にbeautiful people(ビューティフルピープル 青山店) 黒キャップ 2,990円+税/RODEO CROWNS(バロックジャパンリミテッド) チェックスクエアサンダル 32,000円+税/ピッピシック(ユナイテッドアローズ 銀座店)

チェック=レトロだけじゃない

クラシックに転びがちなチェックコートはセンシュアルなインナーをしのばせて今に引き寄せて。「なつかしさ」を打ち消す抜け感を計算。

グレーグレンチェックノーカラーコート 56,000円+税/ ENFÖLD 黒ニットキャミワンピース 46,000円+税/デ ミリー(サザビーリーグ) ゴールドサングラス 23,000円 +税/OLIVER PEOPLES WEST(TOMORROWLA ND) 黒ベロアストラップシューズ 18,800円+税/STA CCATO(バロックジャパンリミテッド) 

正統派こそふつうに着ない

ありふれた定番コートだからこそ手抜きは厳禁。60’sっぽいレトロ感など、テーマ性を持つだけで“わかっている人”の着こなしに。

ベージュトレンチコート 83,000円+税/beautiful peop le(ビューティフルピープル 青山店) グリーンドットシャ ツ 26,000円+税/BED&BREAKFAST(GREED Inter national Tokyo Store) モヘアソックス 10,000円+税 /ビエル・ロ(アストラット 青山店) ネイビーバッグ 21, 000円+税、カーキベロアショートブーツ 34,000円+税 /ともにDES PRÉS(デ・プレ 丸の内店)

スカートなのにカッコいい

フレアスカートをオシャレに見せるには「甘く着ない」ことからスタートを。男の子みたいなジャケットでギャップをメイク。

コーデュロイジャケット 42,000円+税/ウエストオーバー オールズ(RHC ロンハーマン) フレアスカート 31,000 円+税/アンフィル(アンルート 二子玉川) 白スニーカー 15,000円+税/adidas Originals for MAISON DE REE FUR(メゾン ド リーファー)

白T +デニムに似合う日常感

アイテムによってはゴージャスに映るロングファー。ぬいぐるみみたいな風合いなら、カジュアルなワンツーコーデのリズムづけに最適。

アイボリーフェイクファーロングコート 59,000円+税/ AULA(DraSTic) 白Tシャツ 2,500円+税/PETIT BA TEAU(プチバトー・カスタマーセンター) グレースキニ ーデニムパンツ 18,000円+税/kei shirahata(styling/ 表参道ヒルズ店) バイカラーバッグ 36,000円+税/ MARROW(4K) 黒フラットシューズ 21,000円+税/ FABIO RUSCONI(ファビオ ルスコーニ 六本木店)

全部ゆるいのにスタイルいい

だらしなくも見えかねないロング&ルーズ。適度な色のメリハリ、「効かせる」ストライプなど細く長く見せるための工夫を駆使。

ガウンコート 69,000円+税/THE Dallas(4K) ロング Tシャツ 16,000円+税/ジェーン スミス(RHC ロンハー マン) ストライプパンツ 3,490円(税込み)/ザラ(ザラ・ ジャパン) ヘアバンド 5,900円+税/インディラ ドゥ パ リ(アクアガール代官山) バッグ 73,000円+税/SIMON MULLER(MIDWEST) ファーサンダル 25,000円+税 /FABIO RUSCONI(ハイブリッジ インターナショナル)

Photography_Masafumi Tanida(CaNN) Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Tomoko Okada(TRON)Model_Aivita Composition&Text_Chiharu Ando

RELATED

関連する記事