TCM Tokyo Cawaii Media

  • TCM
  • Ray
  • mina
  • Scawaii
  • GISELe

引き締めもハズシも自由自在!今すぐ使えるブラウン小物リスト

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
E23aac1878c1838f8467e74574161514bfb85c1c
ゆるめのスタイリングの引き締めにも、おかためな合わせのハズしも。そんな小物と服のパラドックスにも効果的なのが深みのあるブラウン小物。ふたつのコーデと合わせてご紹介します。

カジュアル服には「締め」のブラウン小物を

ゆったりとしたシルエットの服が多い今季、出番の多いかっちり系小物を買い足すならキレイめブラウンに的をしぼるのも一手。黒のように引き締めをかなえつつ、ネイビー的な品のよさを生んでくれます。

ベージュワイドスクエアニットセットアップ 26,000円+税/RIM.ARK、ブラウンハット 4,980円+税/MOUSSY、ブラウンショートブーツ 13,990円+税/SLY(以上バロックジャパンリミテッド) ブラウンボックス型ショルダーバッグ 22,000円+税/JILLSTU ART(JILLSTUART 青山店)

”引き締める”ブラウン小物

A.ニーハイブーツ 79,000円+税/THE Cat’s whiskers(フイルム) ローヒール&味のある質感でキレイすぎな仕上がりを回避。
B.パターンシルクスカーフ 7,800円+税/PEGGY LANA(バロックジャパンリミテッド) さっとひと巻きするだけで今季らしいクラシカルなムードを楽しめる。
C.ハット 8,300円+税/カオリノモリ(カオリノモリ ハラジュク) ほどよくかたさを加えてくれる、カジュアルの引き締め役。
D.ウエストベルト 16,500円+税/THE Cat’s whiskers(フイルム) 必須のベルトはデザイン違いで持っておくと便利

E.スクエアトゥパンプス 21,000円+税/FABIO RUSCONI(TOMORROWLAND) かっちりしたフォルムと、クラシカルなレザーの質感がリッチな印象。
F.ダブルストラップバッグ 27,500円+税/プーシェ パリ(オデット エ オディール 新宿店) トート&ショルダー、2wayで使えるミニバッグ。
G.コーティングバッグ 14,000円+税/ガリャルダガランテ(ガリャルダガランテ 表参道店) 収納にも優れたちょうどいい大きさ。

キレイめシンプルをラフなブラウン小物で「くずす」

カジュアルでも大人っぽい印象を失わないのもブラウンの魅力。ファーをMIXしたサンダルやバッグを中心に、コンサバなどキレイめスタイルの緊張感の中和役にも最適。

黒ウールリブロングTシャツ 19,000円+税/ENFÖLD 黒ステッチベルトパンツ 8,300円+税/MURUA サングラス 58,000円+税/LAPI MA(メゾン ド リーファー) ブラウンカシミヤストール 39,000円+税/THE SHINZONE(シンゾーン ルミネ1新宿店) ラムファートートバッグ 19,800円+税/ル・ベルニ(キャセリーニ) 黒パンプス 24,000円+税/DESPRÉS(デ・プレ 丸の内店)

”くずす”ブラウン小物

A.ファーヘアバンド 18,000円+税/THE Cat’s whiskers(フイルム) 顔まわりをエレガントに。
B.ニットビスチェ 8,500円+税/JILLSTUART(JILLSTUART 青山店) レイヤードに欠かせないアイテム。
C.ベレー帽 19,000円+税/ラ メゾン ド リリス(ロク ビューティ&ユース 渋谷キャットストリート) 旬のベレー帽も濃いブラウンで締まった印象に。
D.ファースリッパ 30,000円+税/FABIO RUSCONI(TOMORROWLAND) 秋冬でも素足でラフにはきたい。

E.ファーサンダル 9,500円+税/キャセリーニ 足元の抜け感づくりに最適。
F.サングラス 58,000円+税/LAPIMA(メゾン ド リーファー) ブラウンのフレーム。
G.ハラコバブーシュ 29,000円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) ハラコ素材でウォーミィに。
H.ファーバッグ 10,000円+税/JILLSTUART(JILLSTUART 青山店) もこもこ感がキュート。
I.プチファーかごバッグ 4,000円+税/ロデスコ(アーバンリサーチ ロッソ ジョイナス横浜店) かごバッグはシーズンレスアイテムとして定着。


Photography_Fumi Kikuchi(impress+),Kentaro Ogawa Styling_Makiko Iwata
Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Zita, Yana Text_Mariko Uchiya Composition&Text_Tomoyuki Kaneyama

RELATED

関連する記事