TCM Tokyo Cawaii Media

  • TCM
  • Ray
  • mina
  • Scawaii
  • GISELe

シンプルに着ない。いつもニットを新しく見せる、着こなしテクニック

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
F640951258d2be8ce852b2101739fe7859dfbcdf
“ただ着るだけ”になりがちな定番ニットは、「このニットがあれば大丈夫」から、「このニットでどれだけ幅を広げるか」に視点を変えて。何度着ても新しい、いつものニットをさぼらせないためのテクニック。

抜け感のない色

イエローと茶、濃い色どうしでコクを出す。ゆるいシルエットと、無造作を装ったニットINでバランスを整えて。

〉ニット 6,980円+税/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) パンツ 17,800円+税/THE SHINZONE(シンゾーン ルミネ1新宿店) サングラス 19,000円+税/ロンハーマン バッグ 6,500円+税/アナザーエディション(ア ナザーエディション ルミネエスト新宿店)

形はふつう、色だけ思いきる

あえて抜け感がない強い色の存在感。そのぶん、形はベーシックに。ボトムを選ばず、「すそIN」のようなアレンジも自在。

〈左〉パープルニット(ベルトつき) 36,800円+税/THE SHINZONE(シンゾーンルミネ1新宿店)〈右〉ピンクニット 19,000円+税/マカフィー(TOMORROWLAND) 

着るだけじゃないニット

目を引くカラーで遊ぶニットソックスが新鮮。一点投入でコーデが新鮮に変わる派手色のニットソックスは、脱・無難の即戦力。

ソックス 2,800円+税/アナザーエディション(アナザーエディション ルミ ネエスト新宿店) ニットワンピース 47,000円+税/PONTI、ショルダーバッグ 72,500円+税/PB 0110、パンプス 28,000円+税/FABIO RUSCONI(以 上MIDWEST) トートバッグ 4,500円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) 

ほっこり見えないカラーをセレクト

定番色より、トレンドカラーや派手色。脚になじませるのではなく、目立たせる、「ハズし」に使うのが正解。

〈左〉モヘアソックス 1,800円+税/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)〈右〉リブソックス 2,490円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド)

INとOUTに2色のニット

スエットのINにタートルニットを、OUTにニットストールをかけて。2色のニットづかいでコーデに立体感が出て、アクセなしでも存在感のあるスタイルに。

タートルニット 31,000円+税/TAN、プリントスエットトップス 13,000 円+税/CULT CLUB(ともに4K) ニットスカート 18,000円+税/アダム エ ロペ ストール 33,000円+税/THE SHINZONE(シンゾーン ルミネ1新宿店) 

どちらかはベーシック色

派手色どうしはもたつくので避けること。ニットが派手色なら、ストールは定番色。簡単で今っぽい定番色だけのグラデもオススメ。

〈左〉フリルそでグレーニット 19,000円+税/ルシェルブルー〈右〉赤ニット 28,000円+税/IRENE(ともにルシェルブルー カスタマーサービス) 〈左〉グレーストール 13,000円+税/サムイ〈右〉ネイビーストール 22,000円+税/スティーブン アラン(ともにスティーブン アラン トーキョー)

Photography_Yoshitaka Mizuno(zecca · model) Styling_Kaori Higuchi(KIND)
Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Sonya Text_Yuko Takizawa Composition_Chiharu Ando

RELATED

関連する記事