TCM Tokyo Cawaii Media

  • TCM
  • Ray
  • mina
  • Scawaii
  • GISELe

甘く、女らしい。シンプルニットを無難に終わらせない着こなしテク

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
39d733ea6a7886d39d00ab4765abb28b500df6ec
“ただ着るだけ”になりがちな定番ニットは、「このニットがあれば大丈夫」から、「このニットでどれだけ幅を広げるか」に視点を変えて。何度着ても新しい、いつものニットをさぼらせないためのテクニック。

わかりやすい女っぽさで飾る

カットソーやシャツを無難にはさむか、1枚でニット風に着るか。「カーデといえば」の基本2択をたまには裏切る。レースブラウスとアクセづかい、2つの女っぽさでドレスアップ。手元のアクセは計算しないで自由に重ねたほうが、結果、オシャレ見え。

ニットカーディガン 16,000円+税/フレームワーク(フレームワーク ルミネ北千住店) ブラウス 9,800円+税/FEMIND TOKYO デニムパンツ 12,000円+税/サムシング フォー アダム エ ロペ(アダム エ ロペ) 〈左手〉ゴールドリング 28,000円+税、〈右手〉シルバーリング 28,000円+税/ともにシャルロット・シェネ(TOMORROWLAND) バングル 16,000円+税/フィリップ オーディベール(ナノ・ユニバース カスタマーサービス) 時計/スタイリスト私物 

難しく考えずデコレート

ニットを女っぽく飾るためのアクセに、ルールはナシ。お気に入りのリングやバングルを好きなだけ重ねて。

〈左〉パールリング 8,000円+税/ソワリー(アクアガール丸の内〈 中〉リング 16,000円+税/RELIQUIA(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) 〈右〉バングル 39,000円+税/ウルサ マヨル(ガリャルダガランテ 表参道店) 

デコルテがアクセサリー

ロングコートとマキシスカート。そでもあえてまくらない。コーデ全体をやや重めにして、カーデ1点で抜くイメージ。冬の肌見せはラフで大胆に。

ロングニットカーディガン 34,000円+税/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) チェックトレンチコート 62,000円+税/Jilky スカート 18,000円+税/RIM.ARK(バロックジャパンリミテッド) サングラス 19,000円+税/.D.S.R.( 4K) 

インナーなしでもあったかい

素肌に着るセンシュアルなVニット。これからの時季、あったか素材一択で。たとえば存在感のあるケーブルやモヘアを。

〈左〉2WAYラクーンニット 18,000円+税/DEICY〈右〉パールつきケーブルVネックニット 46,000円+税/MUVEIL(GALLERY MUVEIL) 

無彩色のワントーン

フリルたっぷりのブラウスをのぞかせて、耳元にはエッジィな大ぶりのピアス。定番クルーネックニットの華やかなアレンジは、「黒~黒っぽい」ワントーンでまとめると、スッキリ、大人の仕上がり。

モヘアニット 21,000円+税/Jilky ピエロカラーブラウス 19,000円+税/ダリア×フリークスストア(フリークス ストア渋谷) イヤリング 9,800円+税/シティ(CITY NEWoMan新宿店) 

わかりやすく甘さを生かす

首元、手元にピンポイントで効かせるフリルやレースは、とにかくわかりやすく。甘さ強めがニットに映える!

〈左〉カフス 4,300円+税/アナザーエディション(アナザーエディション ルミネエス ト新宿店)〈右〉フリルカラーブラウス 27,500円+税/マンド(ユナイテッドアローズ 渋谷シンクス店)

Photography_Yoshitaka Mizuno(zecca · model) Styling_Kaori Higuchi(KIND)
Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Sonya Text_Yuko Takizawa Composition_Chiharu Ando

RELATED

関連する記事