TCM Tokyo Cawaii Media

  • TCM
  • Ray
  • mina
  • Scawaii
  • GISELe

季節の変わり目に大活躍!着こなしの即戦力になる「黒ボトム」の1週間コーディネート

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
0991415140c74d2f76ae85a83c1735b2c0a11c79
季節の変わり目は、着る服に困ることも。そこで白トップスと黒ボトムだけですごす1週間を想定。落ち着く色の範囲内で、無理なくマイナーチェンジを楽しめる。安定感のある黒だからできる、「同じ色で毎日違う」を提案します。
Coordinate01

MON.

働くシーンにぴったりの「チノパンツ」

色もラインも知的でミニマル。ジャケットが似合うチノパンツ。

黒テーパードチノパンツ 21,000円+税/ルシェルブルー(ルシェルブルー カスタマーサービス) ジャケット 15,000円+税/PLST(リンク・セオリー・ジャパン) シャツ 14,000円+税/BANNER BARRETT(BANNER BARRETT 渋谷ヒカリエ ShinQs店) 眼鏡 32,000円+税/BJ CLASSIC COLLECTION(Eyes’ Press) スカーフ 11,000円+税/マニプリ(シップス 渋谷店) ブーツ 9,990円(税込み)/ZARA(ザラ・ジャパン)

Coordinate02

TUE.

カットオフパンツで着こなしにこなれ感を添えて

頑張った感のあるオシャレは嫌だから、カットオフパンツで隙を演出。

黒カットオフワイドパンツ 30,000円+税/Name. 白ニット 24,000円+税/IRENE(ルシェルブルーカスタマーサービス) ヘアターバン 7,900円+税/override(override 明治通り店) パンプス 28,000円+税/CITY(CITY NEWoMan新宿店) 

Coordinate03

WED.

リラックスしたい日はゆる~くラク~な黒ニットスカートで

黒だから成立するルーズ&ルーズのレイヤード。

黒ニットラップスカート(9月発売予定) 14,000円+税/LAGUNAMOON(LAGUNAMOON ルミネ新宿) 白ロングTシャツ 22,000円+税/ATON(ヴァリアス ショールーム) ヘアターバン 4,000円+税/CA4LA(CA4LA ショールーム) サンダル 27,000円+税/マウロ デ バーリ(ガリャルダガランテ 表参道店) 

Coordinate04

THU.

スタイル良く見せたい日は、スキニーデニム風の黒レギンスで

どんなトップスが来ようとも、切れ味のいい I ラインを形成。

黒レギンス 7,900円+税/FEMIND TOKYO 白バックロングシャツ 34,000円+税/ウジョー(ブランドニュース) サングラス 34,000円+税/BLANC シューズ 20,500円+税/SOL SANA(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) 

Coordinate05

FRI.

狙い過ぎずモードにするならコレ

ガンパッチのようなディテールなど、デザイン性の高いスカートも黒ならほどよく攻めた印象に。シンプルなトップス1枚でもスタイリングが十分「もつ」存在感。

黒トレンチスカート 13,000円+税/LAGUNAMOON(LAGUNAMOON ルミネ新宿) 白バルーンスリーブブラウス 19,000円+税/Luv our days(ロバンデボア) 眼鏡 25,000円+税/BLANC ローファー 14,900円+税/A de Vivre 

Coordinate06

SAT.

週末にはくならフェイクレザーのタイトスカートを

コンサバなイメージを払拭するハードな素材で強さを上乗せ。

黒フェイクレザータイトスカート 19,000円+税/RHC(RHC ロンハーマン) ハート柄ニット 43,000円+税/エキップモン(サザビーリーグ) 中に着た白Tシャツ 1,800円+税/Long Beach Antage

Coordinate07

SUN.

センタープレスのパンツで、さりげなくスタイルアップ

センタープレスのおかげで縦ラインをさらに強調。

黒センタープレスパンツ 18,000円+税/AKTE オフ白ロングスリーブニット 37,000円+税/ELIN(クルーズ) パンプス 22,000円+税/コルソ ローマ9(フレームワーク ルミネ新宿店) 

Photography_Yoshitaka Mizuno(zecca) 
Styling_Kaori Higuchi(KIND) 
Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod's hair) 
Model_Aurore
Composition&Text_Chiharu Ando

RELATED

関連する記事