TCM Tokyo Cawaii Media

  • TCM
  • Ray
  • mina
  • Scawaii
  • GISELe

ドレッシーからカジュアルまで対応可能♡今買って冬までOKのボリュームスカート6選

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
6ac64d6208e26b7db00244d2a49cd1553dc0c8f6
この秋、オシャレの達人が注目しているのは、エレガントにもカジュアルにも転べる「ボリュームスカート」。さらっと着ても、ボリュームスカートさえあればたちまちコーデが旬の雰囲気に。今買って冬まで大活躍するスカートを6つご紹介します。バランスよく見える着こなし方をマスターして、秋のオシャレを楽しんで。
Item01

「豪華なマテリアル」

ちょうどいい存在感

キラキラ、ツヤツヤ、ふわふわなど。非日常感のある素材を試したら、完成度が急上昇。アースカラーのように「ともすれば地味」な色みならリュクスな質感も浮かずにとり入れられる。

  • ゴージャスな透けぐあいが魅力のチ ュール
  • 落ち着いたブラウンなら、 リアルに寄せるのも簡単
  • ガーリーなスカートと波長の合うピンクのロゴTで、甘いカラースキームを形

ブラウンチュールスカート 49,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa ピンクロゴTシャツ 6,500円+税/エテックエテック(スローブ イエナ ルミネエスト新宿店) 黒フリース巾着バッグ 4,900円+税/コントロールフリーク(キャセリーニ) 黒パンプス 26,000円+税/FABIO RUSCONI(MIDWEST)

Item02

「ヴィンテージのような味わい」

ほかにはないリュクスな光沢

「オシャレに見えて、使いやすい」といえば、古着屋にありそうなどこかなつかしい素材と柄。年季が入ったような独特の風合いを利用すれば、「がんばってる感」がなくこなれた印象に。

  • 光のあたる角度によって表情が変わる、絶妙なニュアンスがベロアの長所
  • イエローやカーキでマーブル模様を描いた主役級の1着を、ミニマルなニットでさらりと
  • 肌を見せて抜けをつくれば、モダンな印象

ベロアスカート 37,000円+税/Mes Demoiselles(ブランドニュース) ライトグレーニットキャミソール 18,000円+税/デミリー(サザビーリーグ) 黒フラットショルダーバッグ 29,000円+税/MARROW(4K) 黒ソックスブーツ 45,000円+税/FABIO RUSCONI(MIDWEST) 

Item03

「フェミニン度の高いAライン」

親しみやすいモード感

大人になるにつれ、気恥ずかしいと感じる人も少なくないフレアシルエット。べージュなど、ニュートラルなカラーを選んでスカートの主張を適度におさえれば、「コンサバ」感が和らぎ、カジュアルとも好相性。

  • あいまいな色を味方に、大げさなカッティングに挑戦
  • きちんと感のあるAラインがベースなら、多少攻めても失敗しない
  • さらに、ジャケットとブーツの「まじめな黒」で挟めば安心

ベージュワンサイドフレアスカート 35,000円+税/IRENE(ルシェルブルー カスタマーサービス) 黒ウールジャケット 74,000円+税/beautiful people(ビューティフルピープル 銀座三越) グリーンロゴTシャツ 16,800円+税/ROLLA'S(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) 黒ニットブーツ 45,000円+税/FABIO RUSCONI(ファビオルスコーニ ヴィオロ福岡店) 

Item04

「クチュール感覚のモノトーン」

潔い肌の見せぐあい

どう盛っても冷静さを貫ける黒の力を借り、「ふつう」とは一線を画すモードにチャレンジ。シアーな素材やスリットデザインなどハンサムな色を使っていながら、「実は色っぽい」ギャップも惹かれるポイント。

  • 体のラインに沿うシルエット・深いスリット・大きなフリルと、 クールを貫ける黒だからこその色っぽい設計
  • 大胆な女らしさを中和するべく、ハードなライダースを添えれば完成

黒サイドギャザースカート 48,000円+税/レイチェル コーミー(アダム エ ロペ) 黒ラムレザージャケット 42,000円+税/STUDIOUS(ステュディオス ウィメンズ 新宿店) オフ白タンクトップ 8,000円+税/ロペ エターナル(ロペ エターナル) 黒ニットベレー帽 3,900円+税/MURUA 黒パンプス 21,000円+税/オデット エ オディール(オデット エ オディール 新宿店)

Item05

「視線をうばうキレイ色」

レディに仕上がるツヤめき

単純・シンプルなコーディネートにオリジナリティを出したいとき、それぞれの色が持つ個性にあやかるのも効果的。華やかな色と女性らしい形の相乗効果で、ラクして「特別感」が手に入る。

  • トーンが同じだから、ブラウンの延長で気軽に楽しめるオレン ジ色
  • 光沢のある生地によって高級感が生まれ、ロゴT&スニーカーといういつものアイテムもどこか新鮮な表情に

オレンジサテンスカート 26,000円+税/GREED International(GREED International Tokyo Store) グレーTシャツ 5,800円+税/BANNER BARRETT(BANNER BARRETT 渋谷ヒカリエ ShinQs店) ブラウンハラコ巾着バッグ 22,000円+税/ウエストオーバーオールズ(RHC ロンハーマン) ブラウンスニーカー 7,000円+税/コンバース(コンバースインフォメーションセンター)

Item06

「こだわりのある+α」

よく見るとエレガント

スウィートな装飾つきだったり異素材を重ねたデザインだったり、アレンジなしでセンスよく導いてくれる、凝ったスカートもねらい目。TOO MUCHに見えないよう、まずは定番色を選んで。

  • 高感度なシースループリーツから、グッドガールなギンガムチェックが透けるデザイン
  • 二面性のあるレイヤードで、リラク シーなスエットを「とっておき」なものへと引き上げ

ベージュ別注プリーツスカート 37,000円+税/クリーナ フォー ビオトープ(ビオトープ) 黒スエット 6,900円+税/Ungrid 黒ポシェット 42,000円+税/GREED International(GREED International Tokyo Store) 

Photography_Fumi Kikuchi(impress+) 
Styling_Makiko Iwata
Hair&Make-up_Tsuyoshi Watanabe(A.K.A.)
Model_Tess

RELATED

関連する記事