TCM Tokyo Cawaii Media

  • TCM
  • Ray
  • mina
  • Scawaii
  • GISELe

正解眉メイク! 濃すぎない“今ドキふんわり眉”のつくり方♥ Lesson1

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
Fc039be38c388c10fb334da930c78a6771a15106
髪に隠れるし、自然な眉が流行ってるし・・・・・・と眉メイク、サボっていませんか? 実は眉は顔立ちさえも変えてしまう大切なパーツ。トレンド眉を覚え、キレイに磨きをかけましょう♥

今ドキふんわり眉のポイント♥

©Ray2016年10月号

【ポイント1:毛並みを立てる】

眉頭から眉の中間の毛流れを上に向かせる。今風な自然な眉に仕上がる上に、顔の中心に視線が向き、彫りが深く見える効果あり。

【ポイント2:深い色に仕上げる】

夏の黄み系や明るい色からくすんだトーンへスライドさせて秋らしく。ヘアカラーをしている場合は髪色と色みをリンクさせて。

【ポイント3:ツヤをトッピング】

パール入りやグロッシーな質感のアイテムを使い、眉に自然なきらめきを。濃い色や太さを出しても抜け感が出て、洗練された印象に。

今ドキ眉メイクの必需品

ふんわりと形を整えるパウダー、足りない毛を描くリキッド(毛が太い人はペンシル)、毛の色にニュアンスを出すマスカラを用意。眉は繊細なパーツなので、1アイテムですませず、それぞれの役割に適したアイテムを使いこなして。

A オーブクチュール デザイニングアイブロウコンパクト BR811 3,200円+税/花王ソフィーナ B Wアイブロウカラーズ 02 3,800円+税/RMK Division C ムースブロウマスカラ 03 2,200円+税/ジルスチュアート ビューティ ©Ray2016年10月号

How to 今ドキ眉メイク

©Ray2016年10月号

【1】ブラシで毛流れを整える

眉毛にもクセがつくので、眉頭から眉尻に向かって毛をとかす。アイブロウブラシなどを使って。

【2】眉の下ラインをパウダーで描く

Aのパウダーを左の2色をまぜ、眉の下側を直線ぎみに描く。眉尻3/4位置から眉尻の手前まで。

【3】パウダーで眉の上ラインをかたどる

Aで下ラインより薄く色をまぜ、眉頭3/4から眉尻まで整える。眉の中心よりも薄く陰影をつけて。

©Ray2016年10月号

【4】眉頭にも薄く色をのせる

03までで使っていたブラシで眉頭を毛流れとは逆方向にのせる。眉頭の毛を立てふんわり色づけ。

【5】毛の薄い部分をリキッドで穴埋め

ムラやガタつきのある部分をBのリキッドで整える。その後、眉全体をBでなぞりツヤを出す。

【6】眉頭から眉山にマスカラをのせる

眉ラインと平行になるようにCのブラシを持ち、上に向かって動かして塗布。毛だけにからませて。

©Ray2016年10月号

【7】眉山以降はマスカラでとかすようにオン

眉山から眉尻にかけて毛流れに沿うようにブラシを流す。地肌につけないように注意して。

【8】マスカラで眉頭を立ち上げる

ほぼ液がついていないブラシで、眉頭の毛を眉間方向にとかす。毛に動きが出て今ドキ眉が完成。

この秋、こんなアイテムもおしゃ見え!

A ヴィセ リシェ カラーリング アイブロウパウダー BR-2 1,200円+税(編集部調べ)/コーセー B チップオン アイブローオリーブブラウン 1,200円+税/エテュセ C マキアージュ アイブローカラーワックス N 1,800円+税(編集部調べ)/資生堂 ©Ray2016年10月号

いかがでしたか? 濃すぎない、ふんわり自然な眉ならさりげないのに美人度はぐっとアップ! ぜひ、トライしてみてね♪ Lesson2ではメイクの前の下準備、眉のお手入れ方法や、お悩みQ&Aを紹介します!!

RELATED

関連する記事