TCM Tokyo Cawaii Media

  • TCM
  • Ray
  • mina
  • Scawaii
  • GISELe

本多胡桃一生ガーリー宣言♡ 女のコのためのお城を作りたい!ことちゃんの原点とこれから

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
A9a11b2f1ab2cdfd8f2df684531ae0cd7a56c4ef
Ray専属読者モデル「プリ♥クラ」として約3年間誌面で活躍した“ことちゃん”こと、本多胡桃ちゃんの一生ガーリー宣言♡

前編では「ガーリー×女子モテ」という強みを活かした、ことちゃん流SNSでのファンの獲得方法をご紹介しました! 後編の今回のテーマは、そんなことちゃんのガーリーの原点とこれから。大好きなガーリーについてアツく語ってもらいました!

22年間ガーリーひとすじ!!

物心ついた時からガーリーが大好きでした♡

幼稚園生の頃から“女のコらしくいたい”と思ってて、どろんこ遊びよりお人形を使っておままごとをするのが好きだった。

小学1年生の時にはすでに雑誌を読んでいて、自分で好きなブランドを見つけてお母さんを連れてお買い物に行ってました。誌面を切り抜いて自分の好きなものを集めたコラージュを作ったり、とにかく可愛いものが大好きなおませな子どもだったみたい。

お姫様になりたいと思ってました。特にヨーロッパのお姫様が大好きで、マリー・アントワネットにすっごく憧れてた。その影響もあって、フランス映画は今でも大好き。

高校生になっても、女のコらしいものが大好きなのは変わらず。「大学生になったら毎日パステルカラーのガーリーな服を着て、キラキラのコスメで可愛くメイクして通学したい!」って毎日考えてました。その夢をモチベーションにして受験勉強を頑張ってたくらい(笑)

本当にずっと、ガーリーの原点があった気がします!

大好きな“ガーリー”を仕事にする

「もう少しオトナっぽい格好をしてみよう」「カジュアルな雰囲気にイメチェンしよう」って考えたことは何度もありました。

年齢を重ねていくにつれて“年相応”を意識するようになった。周りからも「そろそろ路線変更してもいいんじゃない?」って言われるようになって……。「この年齢でツインテールは子どもっぽいかな」「もう○○歳だからこの服は可愛すぎるかな」とか、たくさん悩みました。

でも私が「可愛い♡」ってときめくのは、やっぱりガーリーなものばかりだった。ピンクやリボン、レース、フリルなど女のコらしいものに対する「好き!」っていう気持ちにはどうしても逆らえなかった。

それで『こんなに好きになれるものはきっとない!ガーリーが好きな自分をとことん貫こう!』って決心。

私と同じようにふわふわした可愛らしいものが大好きなガーリー女子のために、会社を作ることを決めました!

私の“可愛い”は、私にしか作れない!

実は、大学時代にブランドとのタイアップでワンピースを作ったことがあるんです。だけど、100%納得できるものにはならなかった……

私の“可愛い”は、私にしか作れない!

実は大学時代にブランドとのタイアップでワンピースを作ったことがあるんです。だけど、100%納得できるものにはならなかった…。

「こんな服を作りたい」っていうイメージは伝えるけど、実際に商品を作るのは自分ではない人たち。だから使われる生地もデザインも、自分が想像してた通りにはならなくてすっごく悩みました。

それで「私が本当に作りたいものは、私にしか作れない!」って思ったんです。

自分で作れば、できあがったものに対しての不満を言えないから。自分の思う“可愛い”を突き通したものを形にしたい。

まずは、私自身の目で見て可愛いと感じたものを集めたセレクトショップをはじめることに決めました。ショップのサイトオープンは今年の夏ごろを予定してます。オリジナルの服の販売は秋物からスタート。今製作にかかっている状況です。

ブランドのコンセプトは、私がずっと大好きな1950・1960年代のフランス映画のヒロインがイメージ。アンティークでレトロだけどとても女性らしいブランド。きっと、今の時代の女のコにも「可愛い!」って言ってもらえるはず♡

沢山の“可愛い”を詰め込んだ、お城を作りたい!

最終目標は「女のコのためのお城」を作ること♡ 40歳までに達成したい!

イメージはディズニーランドにあるシンデレラ城。お城ってすっごく可愛くて、その場にいるだけでふわふわした幸せな気持ちになれませんか?

私は女のコのために、そんなわくわくする空間を提供したい。

具体的には、自分のプロデュースブランドの店舗はもちろん、ヘアセットをできるスペースやネイルサロン、おしゃれなカフェなんかも入れたいと考えてます。

入る店舗によって、プリンセス風、ファンシー、少しポップなど、エリアごとに内装にこだわりたい。それぞれのフロアでテーマを変えるつもり。たくさんのジャンルの“可愛い”を詰め込みたいの。

いろいろな女のコの憧れやトキメキが詰まった場所こそが、本当の意味での「女のコのためのお城」だと思うんです!!

Rayの誌面にもいつもガーリーな服装で登場していたことちゃんの一生ガーリー宣言、いかがでしたか?

周りのイメージとは違い「むしろ失敗ばかりの人生」だと話していたことちゃん。実は思い通りにならないことも悩むことも、たくさんあるそうです。それでもその場に不満を持つのではなく、目の前にある自分ができることを全力でやれば「結果すっごくよかった」思えるんだとか。

お人形さんみたいな容姿とストイックな内面のギャップがとても印象的でした。

男のコからはモテなくても、“年相応”でないとしても、大好きなガーリーを貫き仕事にすることを決めたことちゃん。今後の活躍に期待ですね!

RELATED

関連する記事

KEYWORD

いま話題のキーワード

RANKING

人気記事ランキング