TCM Tokyo Cawaii Media

  • TCM
  • Ray
  • mina
  • Scawaii
  • GISELe

モテる女には裏がある!20代で結婚できる子、できない子の『付き合ってから結婚まで』を徹底比較!

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
E322a527b40167a56979e09d7a7403eae5d0d5d9
”私、30才までに結婚できるでしょ?”と思ってる女、ちょっと来―――い!20代で結婚できる女には裏があるんです。今のままでは独身で30代に突入しちゃうかも…。ってことで前回に引き続き20代で結婚できる子、できない子の違いを徹底検証!今回は付き合ってから結婚までのステップを見ていくよ!

付き合い中“イイ嫁像”を想像させる!

男のコは自分のタイミングで結婚することが多いから、彼が結婚を意識したときに「このコとなら幸せになれそう」って思わせることが大切。普段から、安定した精神状態を心がけて。

Point

◎20代で結婚できる子は…彼の嫌がることをしない

◎無理はしないケド嫌がられるコトもしない

嫁候補になるには、彼の喜ぶことをひとつするよりも、彼の嫌がることをしないでい続けるほうが大事。無理なガマンはいつか爆発しちゃうけど、できるかぎり彼に干渉しないようにして。

◎男のバカをうまく受け流す

「男はいつまでも5才児」なんて言葉があるように、多少のわがままは受け入れて。女のコには理解できないような趣味や収集を受け流してあげることで、彼からの評価が上がる!

◎冷蔵庫の残り物料理で、金銭感覚をアピール

男のコが結婚を嫌がる原因のひとつである金銭感覚の違い。節約家でしっかりしていれば、彼が安心してプロポーズできる。オーガニックなど高価な食材にこだわらず、庶民派を演じて。

Point

×20代で結婚できない子は…自分のコトしか考えられない

ד待つ”ことができずに束縛する

どんなに彼女思いの彼でも、女のコと連絡を取ったり、お付き合いの飲み会だってある。すぐグチグチ言ったり、必要以上に束縛をする女はダメ男をつかむか独身のまま。

×何でも言える仲が理想と突然ヒステリックに

ガマンを続けたものの……突然ヒステリックになるコが多発。生理前にイライラしちゃうなら、その時期は会わないなど対策を。どうしても言いたいことは、タイミングをみて冷静に伝えて。

×余計な“過去”や“男”の話をしちゃう

彼が不快に思うことやケンカの火種になる話は言う必要なし。「私のことを何でも知ってほしい」なんて自己満は捨てて。大人の女性は、あえて言わない優しさを身につけないとダメ!

プロポーズのキッカケは女がさりげなくつくる

いつまでたっても「結婚」って言葉が出ない……なんてありがちなパターンにならないように、早めに対策を打つのが◎。ここぞというときに、さりげなく勝負をかけられる女になって。

Point

◎20代で結婚できる子は…あくまでさりげなく親を紹介する

◎彼に作戦がバレないように親へ紹介

両親へのあいさつは男にとってハードル高め。だからプレッシャーにならない早い段階で、なるべく自然に会わせて。親とタッグを組み結婚のレールに彼が自ら乗るように仕向けよう。

①まずは友だちを紹介

お互いの友達を紹介しあってグループ交際し、彼の友達を味方にすれば結婚が近づく。

②ハードルの低い姉妹から紹介

姉妹と彼が仲よくなると家族像が想像しやすくて◎。ケンカしたときの仲裁役にもなる。

③海外旅行をきっかけに親へあいさつ

「旅行に誰と行くか嘘をつきたくない」と言って紹介し、親にプレッシャーをかけてもらう。

◎サラッと「30才までにはウエディングドレス着たい」と伝える

結婚の話が出ないまま1年以上すぎちゃったら、目標を「今すぐ」ではなく「何年以内」などゆとりをもって設定。それなら彼も圧力とは感じずにすんなりと結婚を考えてくれる。

Point

×20代で結婚できない子は…「いずれ」と思って何もしない

×どうしたらいいかもわからず何も行動を起こさない

彼とは順調だし、いつかは結婚の話が出るよね?なんてノンキな考えは甘い! 男のコは誰かに言われるまで“結婚”なんて発想は浮かばないから、自分からキッカケをつくって。

×「結婚しないなら別れる」と言い出しフラれる(泣)

30才が近づいて急に不安になり迫るなんてNG。今までなんの努力もしていなかったから、あっさりフラれるはず。「結婚しなくてもいい」なんて言って復縁したら最後、売れ残り決定。

最後に一言「お付き合い中の行動が左右する」

もうすでに付き合っている場合、「怒らない・ヒステリーを起こさない・彼の生活を邪魔しない」などとにかくマイナスイメージをつけないで! 彼の気持ちが高まっているときに結婚を迫りましょう。
一生独身か、幸せな花嫁になれるかはアナタ次第!

Photograph_Yutaka Matsumoto Model_Aya Suzuki  Composition_Mami Mitani

RELATED

関連する記事