TCM Tokyo Cawaii Media

  • TCM
  • Ray
  • mina
  • Scawaii
  • GISELe

花粉症は治る!?最新治療「減感作療法」「舌下免疫療法」のこと教えて!【花粉症⑤】

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
20f958ff04b50a77f8e5dfd17acbde84aae5895d
何年も花粉症に悩まされていてもううんざり!花粉症を根本的に解決する方法はないの?それがありました!2014年から日本に導入された「舌下免疫療法」は花粉症体質そのものを改善してくれるという治療法です。今回もながくら耳鼻咽喉科の永倉仁史院長に詳しく教えてもらいました。

★花粉症対策記事まとめはこちらをチェック★

舌下免疫療法ってなに?

もともとヨーロッパでは30年以上前に始まった治療で、花粉の成分が入ったエキスを舌の下に投与し、アレルギー体質を改善するという治療法です。最初は成分の薄いものから徐々に濃いものにして体を慣らしていきます。人間の体は、ちょっと体内に花粉が入るとくしゃみ鼻水、鼻づまりで対処しようとするのですが、体の中に大量に取り込ませると自分の体がアレルギー反応を起こさなくなる、と言うものです。食物アレルギーでも同じように、少しずつ食べて改善させるという治療方法があるんです。少しずつ体をならすことでアレルギー体質が改善されるというわけです。

注射の痛みから開放!舌下免疫療法に注目★

今まで減感作療法は、100年以上前から皮下注射でやっていたのですが、注射の場合は腫れますし、注射の跡も残ります。それに変わるのもとしてここ2年ほど注目され始めたのが「スギ花粉の舌下免疫療法」です。シダトレンというスギ花粉の成分が入ったお薬を舌の下に投与します。2分間待つと免疫細胞が成分を見つけてくれてそれを体に伝えます。毎日続ける治療なので手軽なことが一番いいですよね。費用はお薬代が11,000円程度(保険適応)、別途受診料がかかります。

いつから治療できるの?

花粉症の時期には体が敏感になっていて舌下免疫療法をはじめることができないので、花粉の時期が終わってから、今年の5月中旬ごろから治療を始められます。実は今年、待望の錠剤のタイプのお薬が出ます!来シーズンに備え5歳から錠剤のタイプで治療が始められます。

どれくらいの期間かかる?

期間は3-5年使用と言われています。ただ、何かしらの効果は3ヶ月程度で出てくるようです。使った方はうちのクリニックでも300人以上いるのですが、1年目で83%の人が効果を実感しています。マスクをしなくても大丈夫なくらい効果があった人も10%-20%程度います。今まではお薬の対処療法をしていた人も1年目で55%の人、2年目で70%の人がお薬の使用を減らした、と回答しています。

お米を食べるだけで花粉症が改善するって本当?

コメの中にスギ花粉と同じ成分を入れて、それを食べてもらうという、先ほど紹介した舌下免疫療法とおなじような免疫療法が今注目されています。効果は期待できそうですが、このお米は遺伝子組み換え食品なので、まだまだ発売までは時間がかかりそうです。当初は健康食品として発売しようとしていたのですが、きちんと医薬品としての効果を確認できないと、発売にならないという現状です。お薬のようにメーカーと共同で開発するようになれば、発売も現実的だと思いますよ。

舌下免疫療法はこれからやる人が増えそう!

100%完治するとは言えませんが、舌下免疫療法をした人の多くはほとんど花粉症に悩まない程度にまで症状を抑えることが可能です。しかし、この治療法で完治するかというと、「半永久的」ではないです。しかし、楽になる人が圧倒的に多いです。日本で発売からまだ2年なので、今年も多くのデータが集まると思います。3年治療を続ければやめてもいい、というのがガイドラインの方針なので、今年どうなるか期待ですね。

永倉仁史先生に最新の花粉症治療、「舌下免疫療法」についてお聞きしました。今までの対処療法と違って、花粉症の体質を改善していく新しい治療なのでこれからもっとこの治療法を取り入れる人が増えていきそうですね。

取材・文/奥家沙枝子

今回お話を伺ったのは

ながくら耳鼻咽喉科 永倉仁史先生

ながくら耳鼻咽喉科アレルギークリニック院長。平成7年より文部科学省委託「スギ花粉症克服に向けた総合的研究」に参加し、スギ・ヒノキ花粉症に対する疫学的調査・基礎・臨床応用の研究に協力し、全国でスギ・ヒノキ花粉症の調査にあたる。

http://nagakura-ac.com/

花粉症特集はこちら>>>

#TAG

RELATED

関連する記事

KEYWORD

いま話題のキーワード

RANKING

人気記事ランキング