TCM Tokyo Cawaii Media

  • TCM
  • Ray
  • mina
  • Scawaii
  • GISELe

服、コスメ、女子会❤女子力高めな子がハマったリボ払い負のスパイラル

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
Bb06a3f6e94070cc42efc4d1bb3a27ba78b609e8
あれも欲しい、これも欲しい!私達の物欲は止まるところを知らないですよね。でもそれをクレジットカードで、しかもリボ払いで支払っていたら要注意!リボ払いの本当の怖さを調査していたところ、190万円の借金を抱えるリボ払い地獄真っ只中の女子を発見。

今回はファイナンシャルプランナーの横山光昭さんに、リボ払い地獄から抜け出す方法を聞いてみました。

気づいたときには借金が190万円!

都内で一人暮らしをする20代OL。おしゃれが好きで、シーズンごとにちょこちょこ新しいアイテムを買い足し。すべてクレジットカードのリボ払いで買い物し、月末お金が足りなくなったらキャッシングも利用。

気づいたときには借金はなんと190万円に。毎月返済しても、終りが見えない状態です。

リボ払いって何?

『リボルビング払い』の略称で、クレジットカードの支払い方法のひとつ。毎月の支払金額が一定になる便利なサービスですが、一方で手数料が高くつくデメリットが。

例えば、20万円のパソコンを、リボ払い月々5000円コースにした場合、支払いが終了するのは3年3ヶ月後。手数料が15%だと、最終的に支払う金額はなんと25万914円に!(JCBショッピングリボ払いのシミュレーションより)

リボ払い地獄から抜け出す3つの方法

①スローランディングでとにかく終わるまでゆっくり返済していく

②誰かに利息無しで借りてまずは一気に返済

③弁護士か司法書士による債務整理を利用する

それでは具体的なやり方を見てみましょう>>>

①スローランディングでとにかく終わるまでゆっくり返済していく

「とにかくゆっくり返済していく方法です。まずリボ払いの再利用は禁止。クレジットカードを利用しないようにして、とにかく返済に集中します。

ただ、この方法はとても根気のいるもので、“最初の5ヶ月は続いたが、6ヶ月目に欲しいものを買ってしまった”など失敗してしまう人が非常に多くいます。わたしたちファイナンシャルプランナーから見ると現実的な方法ではありません」

②誰かに利息無しで借りてまずは一気に返済

「例えば親になんとか190万円貸してもらって、まずはクレジットカード会社から借りている分を一気に返済しまう。そして親に徐々に返していく、という方法です。もし協力してくれる人がいるならこの方法でもいいでしょう」

③弁護士や司法書士による債務整理を利用する

「協力してくれる人がいなければ、債務整理という手もあります。例えば今190万円の借金があって手数料が15%だと、利息は年間28万5000円。30万円近くも余分に払わなくてはいけないので、このままでは支払いはなかなか終わりません。そこで債務整理の一つである、任意整理という手段があります。

任意整理ではまず弁護士や司法書士に将来の利息をカットしてもらいます。元金のみの支払いで終わるように交渉してもらうのです。手続費用が10-20万円ほどかかりますが、クレジットカードの利息を払い続けるより効率的な使い方ですよね。

残念ながら事故情報リスト(いわゆるブラックリスト)入りですが、これはある意味ショック療法。プロに任せて債務整理したほうが早く確実に借金を減らせます」

ファイナンシャルプランナー横山光昭さんによると、200万円以下の借金でもリボ払い地獄から抜け出せない人は大勢いるのだそう。10年、20年と手数料や利息を払い続けるよりは一度キレイに借金を完済してしまう。この方法が長い目で見て賢い選択です。

取材・文/奥家沙枝子

今回お話を伺ったのは…

横山光昭さん

家計再生コンサルタント、ファイナンシャルプランナー、株式会社マイエフピー代表取締役社長。お金の使い方そのものを改善する独自の家計再生プログラムで、これまで10,000人以上の赤字家計を再生。書籍・雑誌への執筆、講演も多数。著書は50万部を超える『はじめての人のための3000円投資生活』や『年収200万円からの貯金生活宣言』を代表作とし、著作は累計224万部となる。

貯金・投資特集はこちら>>>

RELATED

関連する記事