TCM Tokyo Cawaii Media

  • TCM
  • Ray
  • mina
  • Scawaii
  • GISELe

30才からのスタートでも遅すぎの可能性アリ!?プロの婚活アドバイザーによる最新婚活講座

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
Ea6496ff6a269d43a384cf34c684a0cff74a83ef
年末年始、親や親戚から「いつ結婚するの?」「孫の顔が早く見たい」なんて言われたりして、独り身の女性にとって少しソワソワする時期。そこで今回は、気になる婚活事情を超大手結婚相談所「楽天オーネット」の婚活アドバイザー・熊谷さんに聞いてみました! 出会いもなく、恋愛もご無沙汰な私はいつから婚活を始めるべきなの?そもそも結婚はしたほうがいいの?最近の婚活はどうなってるの?など、気になるあれこれをこっそり教えます。

【結論】婚活は、『まだ早いかな?』と思う時期から始めるべき!

婚活はいつからでも始められる!と言いたいところですが、なるべく早くからのほうがいいというのが正直なところ。人それぞれなので“何才から”という明確なものはもちろんありません。しかし、手遅れになってしまうという可能性も否定できません……。

一般的に男性の場合は年齢が上がることは収入が上がったりと結婚に有利なことにつながることが多くあります。しかし、不公平なことに女性の場合は年齢が上がると、婚活市場においては不利になってしまうことが多いのです。

婚活アドバイザー・熊谷さんに詳しく聞いてみると?

熊谷さん「女性は結婚の先に出産を意識している方も多く、そういった方はなるべく早いうちに結婚したいと考えるようです」

早く始めるべき理由はそれだけではありません。婚活市場において、男性は自分よりも年下の女性を望む傾向にあります。特に、男性が子供を絶対欲しいと思っている場合、例えば33才までというふうに女性側に上限の年齢を決めることがあるそうです。どんなに魅力がある女性でも、まず年齢という要素がハードルになってしまうことがあるとのこと。

熊谷さん「人それぞれタイミングや希望はあると思いますが、まだ自分には早いかなと思うくらいから始めたほうがいいと思います。やらなきゃいけないからやるという婚活ではなくて、少し心に余裕がある婚活をしてほしいです」

たとえば36歳の女性が婚活を始めたとします。けれど、同い年くらいの35歳前後の男性は、20代後半から30代前半の女性を望むことが多いという現実があるのです。
そのため、若いときから婚活を始めるほうが、選ばれやすい、かつ、選択肢が増えて選びやすいのです!それに、余裕があるうちに婚活したほうがガツガツしすぎることもなく、相手にとっても魅力的に見えるかもしれませんね。

時代とともに変わる婚活の状況

そもそも、親の世代や、その上の世代はみんな結婚をしているような気がするけれど、どうして今は結婚がしにくい状況にあるのか、その原因はなに??

熊谷さん「そもそも、一昔前はお見合いが一般的でした。それがだんだん今の40代、50代くらいが結婚した時代になってくると社内恋愛が増えてきて、寿退社が多い時代になっていきます。今はそれと比べて、女性の働き方が多様化して、結婚や出産イコール退職っていう社会ではなくなってきました。女性もより長い目で自分のキャリアプランについて考えているんですよね。どんな会社も忙しいっていうのもありますけど、仕事とプライベートは分けたいとか、うまくいかなかったときのリスクを考えて、会社内では恋愛や結婚相手を探したくないという人が増えてきているのではないかと思います」

つまり、年代によって結婚方法が変化してきているってこと。お見合いから、自由恋愛へと変わり、自由恋愛のなかでも学校や会社などリアルの出会いが多かった時代から、今はさらにSNSなどのネットを通した交際や婚活なども増え、デジタル化が進み、変化してきているんです。

実際、社内恋愛が減ってきたということは、必然的にリアルの出会いの場が減るってこと。そのため、結婚をしない・できない人が増えてきたのかもしれません。だからこそ、結婚相談所のような場所の需要が増えてきているのかもしれませんね。

熊谷さん「また、最近の若い男女に調査してみると、一度も異性とお付き合いしたことがないっていう方も珍しくありません。恋愛経験値がゼロというと、見た目がダメとかスペックがよくないと考えがちですが、どうして今まで彼氏がいなかったのか疑問に思うくらい素敵な方でも、「付き合ったことはない、そういう相手がいなかったから」っていう返事をしてくるんです。そういう人たちが年を重ねてきたとき、やはり結婚につながりにくいのではないかと考えています」

だからこそ、結婚したい!と考えている人は、なんらかのアクションを起こしていかないといけない時代なのかもしれませんね。

婚活市場では、モテる必要はない!

婚活においては、今までの恋愛と違って多くの人にモテる必要はありません。見た目がよく、一緒にいると楽しくて、ノリがよくて……、今までの恋愛市場では、そんな人がモテてきたかもしれません。婚活市場は何が違うの?

熊谷さん「対多数のなかで目立つ人がモテてきた恋愛市場ですが、婚活市場とは違います。結婚は一対一でするものですから」

だから、「今までモテてこなかったから結婚なんてできないや」と考える必要はないってこと。恋愛→結婚という考えならばモテはある程度必要かもしれないけど、婚活市場ではお互いが最初から相手を結婚相手として見ているので、今までの恋愛経験はそんなに気にしないでいいのです。

結婚はしてもしなくてもいい!

さらに、結婚は「必ずしなくてはいけないこと、ではない」と熊谷さんは言います。結婚をすると家族ができるし、ダブルインカムで収入が増えたり、家賃が半分になったり、いいことはたくさんありそう。なんてぼんやり思っている人も多いかもしれませんが、人生の選択肢が多様化してきた今、結婚に固執する必要はないのです。

熊谷さん「結婚は必ずしなければならないものではないと思っています。結婚することがすべてではないですし、最初から独身主義の人もいます。無理やり、したほうがいいよって言うつもりもありません。けれど、したほうがいいのかな?って悩むのであれば、一度はじっくりと結婚に向き合って、体験してみることがいいと思います。40,50歳になってから、あのとき婚活してみれば人生変わっていたかなって後悔して欲しくないのです。結婚してもいいかもって思えるような行動をしてみるべきだと思います」

というわけで、次回からは「結婚したい!」「結婚してみてもいいかも」「将来結婚すればよかったと思うかもしれない」と考えている方向けに、結婚相手に求める条件や結婚紹介所の実態など、気になる婚活アレコレを伝授。お楽しみに!

RELATED

関連する記事