TCM Tokyo Cawaii Media

  • TCM
  • Ray
  • mina
  • Scawaii
  • GISELe

フォロワー23万人超!“さのまい”こと佐野真依子さんが好きなことを仕事にできたワケとは?

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
1cca8a316a7e51b911cc61afefba1dc997e79644
ファッションブランド「TRUNC 88」ブランドプロデューサーや専門学校「BLEA」のヘアメイク講師やとしても幅広く活躍中の佐野真依子さん。インスタグラムのフォロワー23万人超で、たくさんの人に支持されているのはなぜ?みんなが憧れるファッションやメイクといった分野で、活躍しているにはワケがあるんです!

スタートは『自分を見てほしい!』というシンプルな気持ち

今どんどん活躍の場が広がっていると思うんですけど、こんな風に成功にたどり着くまでのきっかけは何があるんですか?

これがきっかけです!って言えるようなことはないんですが、昔の自分を振り返ると、やっぱりギャルだったのでとにかく目立つことが好きでした(笑)。
オシャレしても自分だけでは満足できなくて、誰かに見てほしいと常に思っていましたね。

“誰かに見てもらう”とは言っても、昔はSNSとかもない時代ですよね??

そうですね。私が10代のころは、今みたいにSNSはないですし、ブログが盛り上がり始めたころでした。
私の場合、そのもっと前にWEB上で日記やアルバムみたいなものを作れたのですが、文書や写真&プリクラとかを鍵を付けずにみんなが見られるようにしていました。当時は鍵をつけている人の方が多かった印象なんですが、先ほども話したように、私は自分の事を見てほしかったので!(笑)
あとは、昔ギャル雑誌の「egg」に出ていたので、雑誌でヘアメイクも紹介していました。

SNSがない時代でも、自分のことを発信していたんですね。

はい。今となってはSNSが当たり前ですけど、当時は今みたいにみんな自分を発信している時代ではなかったですね。なので、自然と目立てたということもあると思います。
最近では“炎上”が社会現象になったり、たまに目立つことって怖くないの?と聞かれることもあるのですが、私は周りと違う事をすることに特に抵抗はなく、やっぱりギャルで目立つのが好きだったというのが大きいですね。

ひと言で目立ちたいといっても、当時はどんなことを発信していたんですか?

私は高校生の時に専門学校「BLEA」に入学して、ヘアメイクを勉強していたんです! なので美容師免許を持っています。元々好きだったメイクを専門的に学んだことが、私の強みです。なので、その強みを活かしてメイクやコーデなどをよく載せていました。これは、今でもそうですね。
ただ何でもいいから自分のことを発信するのではなく、メイクが得意な人だったらメイクとか、ファッションの仕事についてるからファッションとか、やっぱりそういう自分ならではの強みがないと見てくれるコは増えない気がします。
でも勘違いしてほくないんですが、私はSNSだけを仕事にしようとは思ったことはないです。SNSは、自分が好きなことを発信していくための1つの手段です。

メイク好きな私がヘアメイク講師になるまで

なぜ、専門学校「BLEA」でヘアメイクを勉強したんですか?

もう、これしかないと思いました。高校っていろいろあるけど、「BLEA」だったら好きなことだけをできるかもとか、放課後も渋谷にいられるとか(笑)
そしたら「egg」の編集部の方にも「ギャルでメイクを勉強しているよね?」と声をかけていただいて、私の特集ページができたりしました。

自分の特集ページができるのはすごいですね!

そうですね、本当にありがたいです。そんな風に雑誌に出させてもらったり、日記やブログをずっと続けていたら、私の発信力を感じてくれた「BLEA」が声をかけてくれて、ヘアメイク講師をすることになりました!

『好きなものがブレない!』ことが大切

雑誌に出て、ヘアメイク講師になって、とずっと順調だったんですか?

全然そんなことないです。煮え切らない時期もありました。私は“ギャル”でメイクの仕事をしたかったのに、“ギャル”のままだとできない仕事って多かった。昔は本当に!でも、“ギャル”のままでできる仕事しかしたくなかったので、販売員をやっていた時もありました。

いろんなことをやってきて、今があるんですね。今後、どうなっていきたいとかはあるんですか?

そうですね。今ヘアメイクを学んで先生をやっているけど、絶対にヘアメイクさんになりたいというわけでもないです。昔から夢は「好きなことで食べいけたらいいな」だったので、なにかになりたいわけではないんです。
正直な話、先生もやりたいわけではなかったんです。でも、やってみたら自分が好きなヘアメイクの仕事で、生徒もギャルのコでかわいくなって喜んでいるところとか見ると好きなこと仕事にできているなって思いますね!

好きなことを仕事にできている人って少ないと思うのですが、なんで自分が好きなことを仕事にできたと思いますか??

好きなことがブレないからだと思います。
ギャル雑誌の「egg」に出ていた時、私シンプル担当だったんです。周りの人から見たら派手だったと思うんですけど(笑)。でもギャルの中でも黒肌を活かしたシンプルキャラでした。それから好きなことはブレてないですね。
私はギャルが誉め言葉だった世代です。今、ギャルはいなくなったと言われているけど、私たちの世代にはそのまま大人になっているコがいっぱいいると思います。その中でもギャルが強みではないけどやりたいことをやってきましたね
そして好きなことがブレないことでその層の人たちが、そのままずっと私のことを見ていてくれているのかな。私が急に大人になって、イメチェンして地味になっていたらきっとこんなに見てくれている人はいなかったと思います。

今、SNSよりも大事にして欲しいこと

ブランドプロデューサーにヘアメイク講師と忙しそうですけど、どんな生活スタイルなんですか?

そうですね、まず「BLEA」でヘアメイク講師を週2回しています。学校なので、イベントがあったりするともっと多く行きますね。
それ以外の日は、「TRUNC 88」のブランドのお仕事をしています。特にこの曜日とは決まっていないですね。自分の中で時間を決めて、スケジュールを立てています。
もちろん遊ぶ時間もしっかりとってます!遊ばないとやっていけません。(笑)

やっぱり好きなことを仕事にしているくらいなので、遊ぶことも大切ですか??

はい!好きなことを仕事にするときって、遊んで人と出会ってそれが仕事につながることがたくさんあるんです。なので、みんなに伝えたいのは、SNSだけじゃなくて人に会うこと!! 
SNSばかりやっていると人に会うことが減っちゃうと思うんです。そうならないように、色々な場所に出回っています!!

SNS等で発信することも大切だけど、直接人と会うことをもう一度考えてほしいということですか?

「BLEA」の生徒を見ているとSNSばかりで遊び行かないんです。それを見て心配になっちゃって。本当にそんなSNSばかりやっていたら出会って人脈でつながる仕事もなくなっちゃうんじゃないかなって。その分SNSでつながって、仕事になることが増えているのかもしれないですけどね。
でも、私は人と会うことで、今の自分につながったと思います。だから私はSNSのためにではなく人に会うために渋谷やフェスにいきます!

好きなことを追及してブレなかったからこそ、好きなことを仕事にできた“さのまい”こと佐野真依子さん。SNS社会になり、トレンドがどんどんと移り変わる今、大切なことを忘れかけているコも少なくないのでは?これからの佐野真依子さんに注目です。

Profile

佐野真依子
インスタグラムのフォロワー23万人、専門学校「BLEA」のヘアメイク講師。ほかにもブランド指定メイクの監修や雑誌・動画でのメイクテクニック紹介、ファッションアイテムプロデュースなど、多方面で活躍中。
佐野真依子がプロデューサーを務めるファッションブランド「TRUNC 88」は、2月20日に公式HPがオープン!

RELATED

関連する記事