TCM Tokyo Cawaii Media

  • TCM
  • Ray
  • mina
  • Scawaii
  • GISELe

“まえのん”こと、前田希美に学ぶ。どんな時でも前向きにいられる生き方!

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
8fa0b6a390e35d065179c8224ac8cfc73c46f2b0
連載最後の第4回では、まえのんの内面に迫っちゃいます!特にまえのんといえば、どんな時も前向きというのがポリシー。そんなまえのんに、前向きでいるための秘訣を中心に、可愛くいるための努力していることや目標を叶える方法など教えてもらいました。

まえのんがどんな時も前向きでいられるワケ!

辛いことがあっても落ち込まないというまえのん。けど、実は昔は泣き虫だったんです! 
そこからなんで超!前向きなメンタルになれたのか、きっかけや意識していることを教えてくれました♥

涙を流しているときに、衝撃的なことが!

「中学生のときに、初めてのドラマ撮影があったんですけど、当時の私はすごい泣き虫だったんです。どれくらいかというと、1人でドラマ撮影の現場に行くだけで泣いていたくらいです...!泣きぼくろがある人って泣き虫っていいますよね?当たってるのかも(笑)。
その現場で私の大事なシーンがあったのですが、全くできなくて撮影が止まるくらい号泣してしまって。そしたら、共演者の方が大丈夫だよって慰めてくれたんです。そして、泣き止むまでこっちおいでって言われて、裏に行ったら『現場で二度と泣くなよ』って言われたんです! 
もう、その瞬間に涙が引っ込みました。やっぱり現場で泣くとみんな見ているし、迷惑をかけてしまうと思いました。あのとき、注意されて本当に良かったと思います。プロってマイナスな部分を見せてはいけないんだなって学びました!」

まわりの人と一緒に前向きになりたい!

「プロ意識を持つようになってから、私の仕事ってみんなにマイナスな部分を見せることじゃないなって! 私が前向きになることによって、まわりも前向きになってくれるんです。
「疲れているでしょ?」って聞かれても「疲れてないです!」って答えると「えー本当!」って、その場が疲れた雰囲気ではなく前向きな雰囲気になるんです。辛いって言っているよりも、楽しい楽しいって言っているとまわりも自分自身も自然と楽しくなれるんです。だからまわりのみなさんに本当助けられています!」

辛いことがあっても口に出さない!認めない!

「例えばすごい辛いことがあったり、疲れているときがあったとしても口に出さない
ことです。
私今まで『疲れた』って言ったことないんです!口に出してしまうと辛いことや疲れていることを認めることになっちゃうんです!だから辛いと認めないことです。辛いことよりも楽しいことのほうが100倍あると思って生きています!
辛いって言っている人がいたら、「辛」に1本足せば「幸」になるからその1本に私がなってあげるって言っています♥あ、直接はちょっと恥ずかしいので、SNS上だけですよ(笑)」

まえのんが心がけている内面から可愛くいるための努力♥

内面から可愛く美しくいるためのモットー♥

「私はいつも「清く正しく美しく」を意識しています!
例えば、撮影でヘアメイクさんがいても髪の毛を必ずセットしていきます!ヘアメイクさんに髪の毛を触ってもらうので、寝癖が付いていたりボサボサのままでいくのは失礼なので嫌ですね! 
現場に行って髪の毛キレイだねって言ってもらえるんですけど、ブローしたりストレートアイロンをしたり心がけています♥」

まえのんが思う内面が美しい人はどんな人?

同性に好かれている人です! 
同性に好かれている人って友達も多くて、裏表がないイメージがあります。これはみんな結構共感してくれるんじゃないかな?

まえのんはパスタにもかわいさを求める!?

RELATED

関連する記事